【2022中山記念 予想】

 

2022年2月27日(日)に中山競馬場、芝1800mで行われる中山記念の予想です!

今年の中山記念の主な出走予定馬は、ダノンザキッド、カラテ、アドマイヤハダル、パンサラッサ、コントラチェック、ガロアクリークなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

中山記念 勝負度【D】

中山1800mで行われる中山記念。

土曜日の競馬を見ている限り、開幕週らしく内が有利な馬場になっており、このレースの傾向通り先行馬が有利だと考えて良さそう。

 

本命は◎ウインイクシード

中山記念は中山金杯組が活躍しやすいレース。今年の中山金杯組はこの馬しかいませんし、大外枠で難しい競馬になりながら6着と好走。

前で競馬をしながらしぶとく競馬をするのが得意なタイプですし、このレースにはピッタリでしょう。

 

対抗〇ヒュミドール

スローの1800m戦だと距離威不足だと思いますが、前がある程度引っ張ってくれる展開になれば、スタミナと小回り適性があるこの馬にチャンスがあるのではないでしょうか。

パンチのあるM.デムーロ騎手への乗り替わりはいい方に働きそうですし、展開さえ向けば。

 

▲カラテ

ニューイヤーステークスでは58kgを背負いながら完勝。前走の東京新聞杯は直線でややスムーズさを欠いてしまい、強い2頭に決め手で負けてしまいましたが、最後までしっかり伸びていて能力を感じさせる走りでした。

1800mは(0.0.0.5)と散々な成績ですが、デビューしたての頃ばかりなのでそれほど気にする必要はなさそうですし、開幕週でいい馬場なら大丈夫でしょう。

調教師の引退に合わせて無理やり使ってきた印象がありますが、まだ3戦目なのでここでも。

 

☆パンサラッサ

こういうタイプにしては狙われすぎている感じなので、嫌いたいところではありますが、オクトーバーステークスと福島記念での大逃げはフロックではない。

ここでもう一発があっても。

 

消 ダノンザキッド

新馬戦で非常にいいレースをし、東スポ杯も完勝。弥生賞は前残りの展開に泣く形で3着。それでも皐月賞で人気を集めましたが、接触があったとはいえなんの見せ場もない15着。外差し馬場となった富士ステークスでは、休み明けだったとはいえ早い上がりを使えていませんでした。前走はGⅠとしてかなりスローの競馬となったマイルチャンピオンシップで33.0というこの馬らしからぬ脚を使って3着と好走。瞬発力勝負で3着に好走はやや驚かされましたが、外の馬場のいいところを走れたことが好走の要因でしょう。

基本的に瞬発力勝負には向かないので、先行馬が揃ってくれたのはプラスですが、それほど上積みは感じない。

パンサラッサが離して逃げ、縦長の展開になると好走してしまいそうですが、難しい展開になりそうですし、今回は飛んで欲しい。

 

予想印

◎ウインイクシード
〇ヒュミドール
▲カラテ
☆パンサラッサ
△1マルターズディオサ
△2アドマイヤハダル
×レッドサイオン
×コントラチェック
× トーラスジェミニ

 

買い方

馬券の狙い方
◎ウインイクシードが好走して、ダノンザキッドが飛んだパターンを狙いたい。

馬連
◎-〇▲☆

ワイド
◎-〇▲

3連複
◎-〇▲☆△1-印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。