【2022フェブラリーステークス レース予想】

 

2022年2月20日(日)に東京競馬場、ダート1600mで行われるフェブラリーステークスの予想です!

今年のフェブラリーステークスの主な出走予定馬は、カフェファラオ、ソダシ、レッドルゼル、テイエムサウスダン、ソリストサンダー、アルクトスなど。




こんばんは!

特殊条件なので勝負はしませんでしたが、ダイヤモンドステークスの◎テーオーロイヤルはそこそこ自信があったんですよね。相手も○ヴァルコス▲トーセンカンビーナは本線で狙っていたところでしたし、せめてランフォザローゼスが3着なら馬単だけは拾えたのですが….

土曜日の競馬は残念でしたが、先週大きな的中をしたことで今年の回収率が100%を超えました!

フェブラリーステークスということで見てくれる方も増えそうなので、ちょっと宣伝替わりに(笑)
我ながらちょっと多くのレースに手を出し過ぎ(^^;)

GⅠレースは少し金額を上げて勝負しているため回収率に大きな影響を与えるので、いいスタートを切りたいですね!

 


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

フェブラリーステークス 勝負度【B】

今年最初のGⅠレースとなるフェブラリーステークス。

東京1600mという舞台はダート戦としては、瞬発力やスピードが問われる特殊な条件。

テーオーケインズ、チュウワウィザードなど頭一つ抜けた存在が不在。

シンプルに東京1600mへの適性が高そうな馬を狙ってみたいと思います。

 

本命は◎ソリストサンダー

展望記事を書いた時から本命予定でした。他に狙いたい馬もいないですし、競馬をしやすい外枠を引くことができたので素直にここから入ります。

前走の根岸ステークスは久しぶりの1400mで道中の追走に苦労し、リズムを崩していました。直線でも前が壁になりスムーズに加速できず脚を余してました。

今回は距離延長になり道中の追走も楽になると思いますし、武蔵野ステークスくらい走れればチャンスは十分でしょう。

 

対抗〇レッドルゼル

昨年のフェブラリーステークスは内しか伸びないと言っても過言でないほど、内が有利な馬場状態でした。その中で大外枠から4着と好走してきたというのは相当能力が高い証拠。

ベストは1400mだと思うので、冬場の時計がかかるパサパサのダートだと割引は必要だと思っていましたが、土曜日から降っているの雨はこの馬には恵みの雨になりそう。どのくらい雨の影響を受けるかわかりませんが、日曜日の1Rごろには雨は上がりそうなので水の浮いた不良馬場ということはなさそうなので、スピードが要求される馬場になるでしょう。

 

▲アルクトス

正直、この枠で積極的に買いたい馬ではないのですが、相対的にこの評価しました。

外枠の方が良かった理由が、砂を被るのがダメだからではなく、加速がへたくそでスムーズに加速する必要があるから。地方競馬ではありますが、南部杯では不良馬場の内枠で勝ちきっているので、スムーズに加速することさえできれば内枠でも好走できる。

昨年も内枠がダメだったわけではなく、田辺騎手は外を意識したコース取りでいい競馬をしましたが、内を捌いた馬が好走できるレースになってしまったので、外から距離ロスの大きな競馬をしてしまったこの馬には苦しい展開になってしまった。

昨年のように内が有利な馬場にはならないと思いますし、昨年の乗り方をみる限り田辺騎手ならこの馬の力を引き出してくれるでしょう。

 

☆ミューチャリー

昨年のフェブラリーステークスは大外枠スタート。久しぶりの1600mでしたし、中央競馬の流れはこの馬には早すぎた。それでも、伸びない外からしっかり脚を使い7着と好走。

今年は昨年とは充実度が違いますし、ある程度スタミナの問われる展開になれば食い込みもあるのではないでしょうか。

 

△エアスピネル

レースセンスが非常にあるタイプで東京マイルはベストの舞台。ですが、芝を走っていた時からどうしても瞬発力が足りず、ワンパンチ足りないということが多い。

東京マイルで砂を被らない外枠というのは基本的にはプラスなのですが、この馬に関しては内で上手く立ち回る競馬がしたかったところ。

ワンパンチ足りない馬を走らせるのが上手く、外枠の成績がいいデムーロ騎手というのは良さそう。

 

△サンライズノヴァ

東京マイルが最も力を出せる舞台なのですが、どうもフェブラリーステークスに縁がない。一昨年はスローの前残り競馬でしたし、昨年は外が全く伸びない馬場でした。

どうしてもハマり待ちにはなってしまうタイプですが、年齢を重ねてきて人気にならなくなってきていますし、この舞台での一変を狙っても面白いでしょう。

 

×カフェファラオ

昨年のフェブラリーステークスの勝ち馬ですし、東京マイルは3戦3勝と非常に好相性の舞台なので近走の負けはそれほど気にしなくていいと思いますが、非常に乗り難しいタイプ。昨年もルメール騎手が完璧に乗って勝った印象が強かったですし、人気で積極的に買う必要はないでしょう。

 

×タイムフライヤー

芝を走っていた時から瞬発力に欠け、スタミナを生かした競馬が得意なタイプ。距離延長はいい方に働きそうですし、先行意識が強い横山武史騎手もプラスになりそう。ある程度の位置につけて消耗戦になれば侮れない。

 

×テオレーマ

牝馬は非常に苦戦しているレースですし、最内枠もいいとは言えませんが、JBCレディスクラシック、TCK女王杯と2走続けていい競馬をしてきました。ルメールですが人気もないので一応抑えておきます。

 

予想印

◎ソリストサンダー
〇レッドルゼル
▲アルクトス
☆ミューチャリー
△1 エアスピネル
△2 サンライズノヴァ
×カフェファラオ
×タイムフライヤー
×テオレーマ

 

買い方

馬券の狙い方
◎ソリストサンダーはここが絶好の狙い目でしょう。

3連複
◎-○▲☆-○▲☆△×
◎-○▲☆△1△2-○▲☆△1△2
◎-○▲-○▲☆△1△2

3連単
◎⇔○▲→○▲△1△2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。