【2022京都牝馬ステークス レース展望】

 

2022年2月19日(土)に阪神競馬場、芝1400mで行われる京都牝馬ステークスのレース展望です!

今年の京都牝馬ステークスの主な出走予定馬は、ギルデッドミラー、スカイグルーヴ、シゲルピンクルビー、ロータスランド、ドナウデルタ、タンタラスなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

京都牝馬ステークス

レース傾向

昨年に続き、阪神競馬場で行われる京都牝馬ステークス。

先週の阪神は開幕週らしい馬場で、外回りコースではある程度差しが決まるものの、内回りでは逃げ馬が有利な馬場状態でした。

このレースも1400mの内回りコースで行われるので、先行力と立ち回り力の両方が求められるレースになるでしょう。

ギルデッドミラー、スカイグルーヴなどが人気想定になっていますが、それほど信用できる馬ではないので、素直に競馬がしやすい枠を引いた馬を狙うのが面白いのではないでしょうか。

レースのポイント
内回りコースが使用される1400m戦。先週と同様の馬場であれば素直に内・先行を狙えばいいレースでしょう。

 




 

現時点での見解

人気が見込まれるスカイグルーヴは自分のリズムを大切にしたいタイプ。1400mはベストな条件ですが、内枠で揉まれる展開になっても外枠でダラダラと外を走らされる展開になっても厳しそう。

ギルデッドミラーの前走は外枠で展開に最大限恵まれたので高い評価はできません。

かといって、これといって狙いたい馬がいないので、枠番を見てから決めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。