【2022フェブラリーステークス レース展望&全頭考察】

 

2022年2月20日(日)に東京競馬場、ダート1600mで行われるフェブラリーステークスのレース展望です!

今年のフェブラリーステークスの主な出走予定馬は、カフェファラオ、レッドルゼル、ソダシ、ソリストサンダー、テイエムサウスダン、エアスピネルなど。




こんばんは!

GⅠということで全頭考察してみました!GⅠでは毎回したいところですが、大体高松宮記念で心が折れるんですよね(^^;


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

フェブラリーステークス展望

レース傾向

今年最初のGⅠとなるフェブラリーステークス。

ダートレースとしては最高峰に位置づけられているフェブラリーステークスですが、東京マイルで行われるということでやや特殊な条件。

ダートレースというとスタミナとパワーが問われることが多いのですが、このレースはスピード、瞬発力も要求されるなかなか難しいレース。スピード任せで逃げ切るレースではないですし、瞬発力がないと最後に伸び負けてしまう。

テーオーケインズくらい抜けた馬がいれば別ですが、今の古馬ダート路線は主役不在な状況なので適性の差だけで着順は大きく変わりそう。東京ダートで好走できそうな馬を狙ってみたい。

レースのポイント
東京1600mという条件は特殊な適性を問われる。絶対的な王者もいないので適性のある馬を狙ってみたい。




 

出走馬考察

GⅠなので出走考察をしていきます。これをがっつりやると予想の時に書くことが被るのですが(笑)出走馬の横に現時点での評価を載せておきます。

ざっくりとしたニュアンスとして

◎…本命候補 ○…3~4番手評価 ▲…5~6番手評価 △…抑え

アナザートゥルース 消

前に行ってスタミナを生かすのが得意なタイプ。チャンピオンズカップでは14番人気で3着と好走し穴馬券を演出しましたが、スローで最大限展開に恵まれた面がありました。先行馬は少なく展開利はありそうですが、東京競馬場では直線であっさり交わされてしまいそう。

 

アルクトス 外枠なら○内枠なら△

砂を被らずワンペースでスムーズに競馬ができることが好走の条件。昨年のフェブラリーステークスは6番枠から最高に上手く外に持ち出すことができましたが、内が圧倒的に有利な馬場に泣き9着。先週までは差しの決まるコンディションだったのでワンペースの先行馬が好走しやすい馬場とは言えませんが、外枠さえ引くことができればチャンスはありそう。

 

インティ 消

8歳馬ながらチャンピオンズカップでは4着と好走したようにまだまだ能力は健在。フェブラリーステークスの勝ち馬ではありますが、この馬が勝った2019年のフェブラリーステークスは6連勝で勢いもありましたし、スローで展開が向いた。気性的な乗り難しさがあり、瞬発力に欠ける面もあるのでこのレースでの好走は厳しいでしょう。

 

エアスピネル ○

クラシックでも活躍していた馬。ダートへの適性が高いというよりも芝では瞬発力がもの足りず、ダート馬ほどの馬力がない。瞬発力が問われる東京コースというのは絶好の舞台。前走は舞台が違うのでそれだけで度外視可能。武蔵野ステークスでは直線捌くのにてこずりましたが、この馬のレースセンスが光った一戦で負けて強しという内容でした。

 

カフェファラオ △

昨年のフェブラリーステークスは完勝でしたが、トラックバイアスを最大限上手く生かしたルメールの好騎乗による部分が大きい。とはいえ、東京ダートは他のダートレースは問われる適性が異なる部分があるのでユニコーンステークス、フェブラリーステークスとこの舞台で強い競馬をしているのは大きな強調材料。人気だからとばっさりいくと痛い目にあいそうですが、積極的に買いたくはない。外枠の方が良さそう。

 

ケイティブレイブ 消

2020年にはアッと驚く激走をしましたが、騎手で不当に人気を落としている面もあった。乗れている菅原騎手が乗るというのは大きなプラスですが、近走内容からは流石に厳しそう。

 

サンライズノヴァ ▲

昨年のフェブラリーステークスは出遅れてしまった上に、外差しの決まる馬場コンディションではなかったので度外視可能。チャンピオンズカップは5着でしたが、外からケイティブレイブに蓋をされながらもしっかり差し脚を伸ばしてきました。東京大賞典は距離が長かったですし、最も得意な東京マイルなら展開次第でチャンスがありそう。

 

サンライズホープ △

チャンピオンズカップで大きく負けすぎだったので東海ステークスでは嫌ってしまいましたが、大外枠から積極的に先行し4着と調子を戻してきた。ただ、大型馬である程度スタミナを生かす競馬をしたいタイプなので、東京マイルは厳しそう。パサパサのダートなら抑えるかも。

 

スワーヴアラミス △

前走の東海ステークスは中京にしては珍しい外差し馬場の恩恵が大きかった。スタミナを生かして差してくるタイプなので東京1600mは合わなそう。パサパサのダートなら抑えるかも。

 

ソダシ 消

チャンピオンズカップの時点で、ここで負けて次走フェブラリーステークスなら狙おうと思っていたのですが、それにしてもちょっと負けすぎ。白毛馬は早熟のイメージがありますし、走る気をなくしてしまった感じも。条件好転なので人気がないなら抑えてもいいと思いますが、人気なら嫌った方が妙味はあるでしょう。

 

ソリストサンダー ◎

現時点で一番狙いたいのはこの馬。前走の根岸ステークスは負けてしまいましたが、久しぶりの1400mで道中の追走に苦労している感じでややリズムを崩していた。直線でもスムーズに加速できた馬が好走している中、この馬は前が壁になりスムーズに加速できず、脚を余してしまった。距離延長で条件は良くなりますし、前走の負けで人気を落とすような面白そう。

 

タイムフライヤー △

芝のレースを走っていた時から瞬発力に欠けるタイプ。前走の根岸ステークスは出遅れて後方からになってしまった上に、この馬のエンジンがかかる前に外からタガノビューティーに被されてしまい加速が上手くできなかった。ゴールまでは差を詰めており、展開次第ではもう少し好走できそう。後方から瞬発力勝負では厳しそうですが、横山武史騎手で積極的にポジションを取ってきて上手く消耗戦に持ち込めれば。

 

ダイワキャグニー 消

前走の中京金杯では展開利を生かして2着と好走しましたが、恵まれた面が多かった。まあ、三浦騎手ならいらないでしょう。

 

タガノビューティー ※▲

除外想定。出てくるようなら買いたいが…

 

テイエムサウスダン △

根岸ステークスはいつもより控えて直線突き抜ける強い競馬。明らかに先を見据えての競馬をしてきましたが、基本的には1400mがベスト。前走勝ち→次走条件悪化というパターンはあまり買いたくない。今の競馬ファンならこの馬を人気にすることはなさそうなので穴なら抑える予定。

 

テオレーマ △

前走のTCK女王盃は強い勝ち方をしましたが、このレースは2001トゥザヴィクトリーの3着以来馬券内に好走した馬はいませんし、勝ち馬は1996年のホクトベガ以来出ていない。前走はいい競馬でしたし、ルメールで人気がないなら抑えておいても。

 

ミューチャリー △

昨年のフェブラリーステークスは芝スタート、中央競馬、久しぶりのマイル戦ということで道中の追走には苦労していましたが、内が有利な馬場の中サンライズノヴァよりいい脚を使って伸びてきました。今年は昨年より調子が良さそうでしたし、東京大賞典も勝ちに動いての4着は着順以上にいい内容でした。条件は厳しいですが、時計のかかる馬場なら。

 

レッドルゼル △or▲

昨年は距離が長いと思っていましたが、4着と好走。川田騎手が道中上手く乗ったこともありますが、当日の馬場を考えると大外枠から直線外から伸びてきての4着は高く評価していいでしょう。根本的には1400mまでだと思いますが、雨が降り時計の出る馬場になれば十分こなせる。時計のかかる馬場なら△、時計の出る馬場なら▲まで評価を上げます。

 

現時点での見解

久しぶりに全頭考察をしてみましたが、やっぱり大変ですね(^^;

思っていることは何となく書けたので、あとは当日の馬場と枠順次第でしょう。

現時点では

◎ソリストサンダー
○エアスピネル
☆レッドルゼル(高速馬場なら)
☆アルクトス(外枠なら)
☆サンライズノヴァ(差しの決まる馬場なら)

週中の考察をすべて無に帰すような馬場や枠番にならないで欲しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。