【2022ダイヤモンドステークス レース展望】

 

2022年2月19日(土)に東京競馬場、芝3400mで行われるダイヤモンドステークスのレース展望です!

今年のダイヤモンドステークスの主な出走予定馬は、ヴェローチェオロ、レクセランス、メロディーレーン、テーオーロイヤル、トーセンカンビーナなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

ダイヤモンドステークス

レース傾向

東京3400mで行われるダイヤモンドステークス。

3600mのステイヤーズステークスと200mしか変わりませんが、急坂の中山ではなく東京なので、スタミナだけではなく瞬発力も問われるレース。

このコースを経験している馬もいませんし、特殊な条件なので穴馬から買って楽しむレースでしょう。

レースのポイント
3400mという特殊条件。長距離競馬ですが、ラストは34秒台で走れる瞬発力も要求される。




 

現時点での見解

特殊条件なので勝負するレースではないでしょう。一応何頭かあたりはつけていますが、当日の馬場やオッズを見てからでいいでしょう。

一応、現時点で買いたい馬は

トーセンカンビーナ

前走は後方から早めに動いてしまったことで苦しい展開になってしまった。それでも最後までしっかり脚を使えていたので不器用ながらまだまだ能力は健在。難しい馬ですが、スタミナと瞬発力の両方を兼ね備えているタイプですし、この舞台は合っているでしょう。横山武史騎手から乗り替わってしまうというのは残念ですが、それで人気が落ちるなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。