【2022共同通信杯 レース展望】

 

2022年2月13日(日)に東京競馬場、芝1800mで行われる共同通信杯のレース展望です!

今年の共同通信杯の主な出走予定馬は、ダノンスコーピオン、ジオグリフ、アサヒ、ダノンベルーガ、アケルナルスター、アバンチュリエなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

共同通信杯 レース展望

レース傾向

皐月賞の最有力ステップレースになった共同通信杯。

年によってメンバーレベルが大きく異なり、低レベルなメンバーになることもありますが、今年はメンバーがしっかり揃いました。

雨と雪の影響を受けてしまっているので、先週のようなフラットな馬場ではなくなってしまっているかもしれませんが、今年のクラシックを占う意味で非常に重要なレースになりそう。

馬券はしっかり実力のある馬を見つけてある程度絞って勝負したい。

 

レースのポイント
メンバーが揃い、今年のクラシックを占う一戦。シンプルに強い馬を狙ってみます。




 

現時点での見解

雪の影響を受けることは確定しているので馬場次第な面もありますが、今回注目しているのは

アケルナルスター

新馬戦は五分のスタートを切りましたが、ズルズルポジションを下げ最後方から。1000m通過が1.05.5では届くはずもなく上がり最速をマークしながら7着。未勝利戦では他馬より1秒以上も早い上がりを使い、前残りの展開をぶち抜きました。

ホープフルステークスでも後方から競馬をして上がり最速をマークしていますし、力はある。

絶望的に鞍上が下手ではあるのですが、相手にはしっかり入れておきたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。