【2022東京新聞杯 レース展望】

 

2022年2月6日(日)に東京競馬場、芝1600mで行われる東京新聞杯のレース展望です!

今年の東京新聞杯の主な出走予定馬は、ファインルージュ、カラテ、ホウオウアマゾン、イルーシヴパンサー、カテドラル、ドナアトラエンテなど。

 




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

東京新聞杯 レース展望

レース傾向

東京1600mで行われる東京新聞杯。

レース上がりを見ると33秒台前半の時計が要求されることが多いレースで、東京競馬らしいスローからの瞬発力勝負になりやすい。

今開催の東京競馬を見る限り、フラットで決め手の要求される馬場になっていますし、素直に決め手のある馬を狙えばいいのではないでしょうか。

レースのポイント
スローからの瞬発力勝負になりやすい。決め手がある馬が有利。

 




現時点での見解

ファインルージュ、カラテ、ホウオウアマゾンと前走でいい競馬をしてきた馬が揃い、なかなかハイレベルな一戦。

現時点で買いたいのは

イルーシヴパンサー

皐月賞こそ結果を出せませんでしたが、ペースが流れて上がりのかかる2000mは向いていなかった。そこからの3連勝の内容は非常に優秀で東京1600mで高速馬場もこなしている。

田辺騎手なので後方から大外ぶん回しで差し届かずもありそうですが、枠とオッズ次第では狙えると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。