【2022根岸ステークス レース展望】

 

2022年1月30日(日)に東京競馬場、ダート1600mで行われる根岸ステークスのレース展望です!

今年の根岸ステークスの主な出走予定馬は、ソリストサンダー、オメガレインボー、タガノビューティー、ヘリオス、クロパラントゥ、タイムフライヤーなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

根岸ステークス

レース傾向

フェブラリーステークスの前哨戦、根岸ステークス。

東京競馬には1200mの条件がないので、1200mが主戦場のスピードのある馬が出走してきやすく、スタートからコーナーまでの直線が長いので、ハイペースになりやすい。

基本的には、不利になりやすい追い込み馬ですがこのレースでは、差しが良く決まっていて、最も差しが決まるダートレースと言えるでしょう。

昨年のフェブラリーステークスデーのような極端な内有利にならなければ、今年も差し馬が活躍できるでしょう。

レースのポイント
ダート重賞でも非常に差しの決まりやすいレース。




 

現時点での見解

差しの決まりやすいレースなので、前走上手く力を出し切れなった

タガノビューティー、スリーグランド

はここで狙ってみたい。

ただ、差しの決まりやすいレースという傾向は競馬ファンにはばれているので、人気薄で買えることはなさそう。さらに、現時点で出走予定馬が多く、コロナの影響で想定の騎手が乗り替わりになることもありそう。枠番が決定してからしっかり予想します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。