【2022京成杯 レース予想】

 

2022年1月16日(日)に中山競馬場、芝2000mで行われる京成杯の予想です!

今年の京成杯の主な出走予定馬は、アライバル、ホウオウプレミア、ヴェールランス、テンダンス、オニャンコポン、ロジハービンなど。




おはようございます!

昨日の愛知杯は買い目を絞って◎マリアエレーナ▲ルビーカサブランカで本線にしていたワイドが的中しました!

フェアリーステークスもなんとか3連複を拾えましたが、微プラスだったので今年ようやくといった感じ。

ただ、あのレースぶりなら単勝が欲しかった(>_<)

ブログやTwitterでマリナエレーナ(正しくはマリアエレーナ)と名前を間違えたのが悪かったのかな…


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

京成杯 勝負度【D】

中山2000mで行われる京成杯。ホープフルステークスと同じ条件で行われるので、低レベルなメンバーになることの多いレースですが、今年は頭数も揃いレベルもある程度高そう。

未知数の馬が多く、オッズが割れているので難解。

本命は◎アライバルにします。

早い時期の東京開催での新馬戦は出世レース。稍重馬場だったので、時計こそ目立っていませんが、メンバーは5着馬も未勝利を勝っているハイレベルなレース。

新潟2歳ステークスは勝ち馬が朝日杯で2着に好走したセリフォスで昨年の重賞ではハイレベルなレース。負けてしまいましたが、平坦新潟のマイル戦での瞬発力勝負は明らかに向いていない条件でした。それでも力で2着まで持ってきたのは素直に評価していいでしょう。

今回の距離延長で稍パワーのいる馬場というのはプラスに働きそう。ルメールが乗れていないのは気になりますが、想定より人気になっていませんしここから勝負します。

 

対抗〇ヴェローナシチー

小倉での新馬戦は負けてしまいましたが、前が有利な馬場状態でスローの後方から。それだけでも厳しかったですが、内でポジションを上げることができず、藤懸騎手も上手に乗ったとは言い難いレースでした。

未勝利戦は有利な外を走ることができましたが、相当早くから動いており距離ロスは大きかった。

間隔が詰まっていますが、まだ2走目ですしスタミナの問われるレースなら面白い存在ではないでしょうか。

 

▲サンストックトン

2走前に今回と同条件で負けてしまいましたが、レヴァンジルの勝った未勝利戦は相当なハイレベル戦で3着には8馬身差。

次走でレヴァンジル(POG指名馬)が負けてしまいましたが、スローで時計が遅く瞬発力勝負になってしまったのが敗因なので、ハイレベルなレースだったという評価は変える必要がないでしょう。

前走の新馬戦では外からあっさり突き抜けて勝利していますし、ここでも通用する力はありそう。

 

☆ヴェールランス

前走のエリカ賞は不利な内から追い込んできており、非常に内容の濃いものでした。

力だけなら相当上位だと思っているのですが、消極的なレースの目立つ藤岡佑介騎手というのは不安。

 

予想印

◎アライバル
〇ヴェローナシチー
▲サンストックトン
☆ヴェールランス
△1 タイセイディバイン
△2 テンダンス
×オニャンコポン
×ホウオウプレミア

買い方

馬券の狙い方
◎アライバルはここではきっちり走ってくれそう。問題は相手ですが、素直に3連複で買って重ね買いしたところか高めが来るの待ち。☆ヴェールランスは突き抜ける可能性があるので少し3連単を買います。

3連複
◎-〇▲☆-印
◎-○▲☆-○▲☆△

3連単
◎☆→◎☆→〇▲△

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。