【2022愛知杯 レース展望】

 

2022年1月16日(日)に中京競馬場、芝2000mで行われる愛知杯のレース展望です!

今年の愛知杯の主な出走予定馬は、アンドヴァラナウト、マジックキャッスル、デゼル、シゲルピンクダイヤ、ソフトフルートなど。

 




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

愛知杯 レース展望

レース傾向

※2020年は小倉競馬での開催。

中京2000mで行われるハンデ重賞愛知杯。

この時期に行われるGⅢのハンデ戦ということで、低レベルになりやすく条件戦からでも好走例があるレース。今年はアンドヴァラナウト、ソフトフルートなどGⅠで好走歴のある馬が出走してきますが、伏兵にも十分チャンスのあるレースでしょう。

2019年は前残りの競馬になりましたが、変則開催ではない通常開催で時計の出やすい馬場だったことが大きな要因でしょう。

今年もスローにはなりそうですが、上がりのかかるレースになればスタミナのある差し馬が有利でしょう。主要競馬場でキレ負けしているようなタイプを狙いたい。

レースのポイント
適性さえ合えば格下の馬でも走れるレース。パワーとスタミナのあるタイプを狙ってみたい。




現時点での見解

秋華賞で好走したアンドヴァラナウトが人気を背負う形になりそうですが、一番人気の実績馬を買うレースではないでしょう。立ち回り力はあるので今の中京は比較的向いているとは思いますが、福永騎手と手が合っていたので今回の乗り替わりは不安。レースセンスを活かしたいタイプなので、思い切って外枠を引いてくれれば嫌いやすくもなるのですが…

現時点で狙ってみたいのは、

ホウオウエミーズ

現状、3勝クラスを勝ち上がることもできていませんが、近2走のどちらのレースも勝つために早く動きだしたところを上手く立ち回った馬に交わされるという惜しい競馬。

格上挑戦のマーメイドステークスは4コーナーで絶好の手ごたえだったが内を走っていたために、スムーズに加速することができず、脚を余してしまっていた。

格上挑戦で51kgで走ることができますし、変に勝ち急がず競馬ができればチャンスはあるのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。