【2022京都金杯 レース展望】

 

2020年1月3日(水)に中京競馬場、芝1600mで行われる京都金杯のレース展望です!

今年の京都金杯の主な出走予定馬は、エアロロノア、カイザーミノル、ザダル、ステルヴィオ、バスラットレオン、シュリなど。

 




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

京都金杯

レース傾向

今年も昨年に続き、中京競馬場で行われる京都金杯。ややこしいのでご注意を。

昨年はエントシャイデンの驚きの逃げで前残り決着。

中京コースは下り坂→登り坂→平坦というちょっと特殊な作りになっているため、豪快な外差しが決まることもあるのですが、馬場がいいと前が止まらない。

今年は昨年よりも先行馬は揃いましたが、馬場は昨年よりも良さそう。大外ぶん回しが決まるようなレースにはならなそうなので、スピードと立ち回り力のあるタイプを狙いたい。

レースのポイント
内枠・先行馬の方が有利な舞台。




 

現時点での見解

アンドラステが回避したことで混戦ムード。

ここも中山金杯と同じく、枠の並びを見てからでないと全く予想できません。

エアロロノアは人気の割には凡走する感じもするので、内枠を引けた先行馬を狙いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。