【2022中山金杯 レース展望】

 

2020年1月5日(水)に中山競馬場、芝2000mで行われる中山金杯のレース展望です!

今年の中山金杯の主な出走予定馬は、ステラヴェローチェ、ヒートオンビート、トーセンスーリア、ヴィクティファルス、ヒンドゥタイムズ、ウインイクシードなど。

 




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

中山金杯

レース傾向

前回の暮れの中山開催は近年では珍しいくらい内、先行が有利な馬場状態でした。

このレースはBコースからCコースに変わることで傾向としても、内枠、先行の方が有利なのですが、今年は例年以上に内枠が有利になると思います。

人気が想定される馬の中には不器用で立ち回り競馬に向かない馬がいるので、素直に先行力がある内枠の馬を狙うのが的中への近道なのではないでしょうか。

レースのポイント
今年は例年以上に馬場状態がいいことに加え、Cコース替わり。枠順や道中の位置取りが大きく結果を左右するレース。




 

現時点での見解

予想も枠順次第になりそうなので、現時点では難しい。

メンバーを見る限り、買いたい馬、買いたくない馬が綺麗に分かれるレースではありますが、そこははっきり狙われそう。

現時点での想定オッズより、辛いオッズになりそうなので、妙味のあるレースにはならないのではないでしょうか。

ウインイクシードやトーセンスーリアを狙いたいところですが、枠番次第では相当売れてしまいそう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。