【2021カペラステークス 展望】

こんばんは!

カペラステークスの展望です!

このレースの特徴はなんといっても、中央競馬唯一のダート1200mの重賞であるということ。ダート戦を面白くないと思う競馬ファンも多いと思いますが、このレースは面白いです!

1200mを主戦場とする快速馬が多数出てくるので、ハイペースは確実。それでも逃げ馬が頑張るのか、それとも差し馬が台頭してくるのか。そこの読みをハズしてしまうと馬券としてはさっぱりとなることが多いですが、見ごたえのあるレースになると思います。

このレースの注目はやはりモズスーパーフレアでしょう。

前走JBCスプリントを使われ、ダートは今回で3戦目。中央競馬のダートは今回が初。芝のレースを使われてきたころからとにかくスピードを生かして逃げて、後続に脚を使わせつつ粘りこむという競馬がこの馬の持ち味。今年のJBCスプリントは1400mではありましたが、ポンとゲートを飛び出しあっさりハナへ。走りを見ても、ダートでも持ち味のスピードは生かせそう。

中山ダート1200mは芝スタートですし、この馬が逃げる展開とみて間違いないでしょう。

やってみないとわからない部分も多いですが、芝コースを長く走れる大外枠か最内枠を引いた時は評価を上げてみたいと思います。

 

このレースを考える上で残念だったのが、柴田善臣騎手が負傷によりリュウノユキナが乗り替わりになってしまったこと。

確実にハイペースになるレースなので、ゆったり乗って外に持ち出すのが上手な善臣先生はまさにピッタリ。もちろん善臣先生でも人気になってしまうと思いますが、騎手で多少人気を落としてくれれば絶好のねらい目になったのですが、こればかりは仕方ない。少しでも早い善臣先生の復帰を待ちたいと思います。

石橋騎手のほうが善臣先生よりは人気になってしまいそうですし、好走率はそれほど変わらない気がするので、期待値はちょっと下がりそうです。

 

現時点で注目している穴馬は、

スマートダンディ

1200mは今回が初。前走は1400mのレースでしたが、外枠から出していっての競馬で最後に失速。今回は距離短縮になりますし、前走出していく競馬をしたことで、そこまで無理をしなくてもポジションを確保できそう。

置かれることよりも下手に道中で脚を使ってしまう方がダメなレースなので、じっくり乗れる大野騎手への乗り替わりも歓迎。

外枠を引いて欲しいところ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。