【2021中日新聞杯 展望】

こんばんは!

今日は時間がないですし、あまり書くことがないのでサクッと。

中日新聞杯 展望

中京2000mで行われる、中日新聞杯。

中京コースの中距離戦は展開や馬場状態に受ける影響が大きなレースで、位置取りやコース取りが非常に大切。下手なことを考えずに、中京コースが上手い騎手を買えばいいと思うのですが、今年はその筆頭である川田騎手と福永騎手が不在。

メンバーもGⅢのハンデ戦らしい低レベルなメンバーで予想は難しくなりそう。

現時点では、レースセンスがあり、前走馬場の悪い内からしっかり伸びてきたボッケリーニから穴馬へという馬券を考えています。内枠を引いてくれるとなお信頼度が上がるでしょう。netkeibaさんの想定オッズでは水曜日時点で3番人気になっていますが、まあ1番人気でしょう。

人気がないなら相手にはヒドゥンタイムズを買いたいところではありますが、前走大敗で左回りに少し不安が合っても人気は落としてくれないでしょうね。。。

レイエンダも前走は去勢手術明け+馬体減。道中ロスなく運べたので、脚が溜まったのもあるでしょうが、直線は何度も進路がなくなるシーンがありながら伸びてきて見せ場は作っていました。マイル戦よりも距離が伸びた方がこの馬にはいいですし、走るなら今回な気がします。ただ、こちらもルメール鞍上で相当人気になってしまうでしょう。

 

まとめ方がわからなくなってしまいましたが、今日はこんな感じで。

もう少し重賞で買える騎手が揃ってくれれば、穴馬勝負することが出来るのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。