【2021チャンピオンズカップ 予想】

 

2020年12月5日(日)に中京競馬場、ダート1800mで行われるチャンピオンズカップの予想です!

今年のチャンピオンズカップの主な出走予定馬は、ソダシ、テーオーケインズ、カフェファラオ、チュウワウィザード、サンライズホープ、カジノフォンテンなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

チャンピオンズカップ 勝負度【B】

ダート最強馬決定戦という位置付けのチャンピオンズカップ。

今年も外国馬の参戦はありませんが、ソダシが参戦。

中京ダートは土曜日の競馬を見る限り、内•前有利という見方で良さそうなので、ある程度レースセンスのあるタイプの馬を狙いたい。

 

本命は◎テーオーケインズ

前走は出遅れが大きな敗因。位置取りが悪くなっただけではなく、後手を踏んでから多少位置を取りに動いたことでかかってしまい、そもそも力を出し切ることができなかった。

帝王賞では内枠で砂を被る競馬をしながら、最後は内から突き抜けてきましたしこのレースで問われる適性は備えているでしょう。

前走負けたことで人気を落としてくれないのが少々残念ではありますが、素直にここから入ります。

 

対抗〇オーヴェルニュ

重賞での好走が重馬場に偏っていますが、それはたまたまでしょう。

フェブラリーステークスは良馬場がダメだったというよりは、当日がなぜか極端に内枠有利な馬場であったことが大きい。

コース適性も重要になってくる舞台なので中京実績があるのは心強い。

 

▲サンライズホープ

ハイレベルだったとはいえないシリウスステークスしか重賞で好走していませんが、枠の並びからスムーズにレースができればチャンスはありそう。

突き抜けるイメージはないですが、ソダシ、カフェファラオが飛ぶと考えると3番手くらいの評価でもいいでしょう。

 

☆チュウワウィザード

一昨年、昨年とこのレースで好走。実績、コース適性共に申し分ない。

前走は内枠で窮屈になるシーンがあったので悲観する必要はなさそうですが、昨年ほどの状態かは正直微妙。

昨年より外枠を引いてしまいましたし、レースも難しくなりそう。

 

△クリンチャー

スタミナタイプのダート馬で立ち回り力を求められるこの舞台は合っていない。しかし、川田騎手はきっちり先行してスタミナを生かす競馬は非常に上手い。

ロスの大きい競馬にはなりそうですが、残り目も。

×インティ

狙いは明らかに去年だったでしょう。

武豊騎手なので逃げれば怖い存在ですが、今年は逃げないのでは?

内、先行有利なので一応抑えます。

×エアスピネル

決め手には欠けるがレースセンスが非常にいいタイプ。

中京1800mは距離が長いとは思いますが、内でロスのない競馬ができれば。

消 ソダシ

父がクロフネで、ダートを走る白毛家系なので、ダートは問題なくこなせそう。

これまでのレースを見る限り瞬発力に長けたタイプでなく、レースセンスがあり、内枠を引けたので好走する条件が揃っている感じも受ける。

ここまで書くと、嫌う要素はないのですが、いきなりこの舞台というのは感覚的に厳しそう。単勝以外はそれほど売れなそうではあるのですが、オッズと好走確率を考えるとギャンブル的には嫌いたい。

 

消 カフェファラオ

気性の難しさがあるこの馬にとって大外枠は歓迎ですが、中京ダートでダラダラ外を走らさせる展開は厳しい。

 

予想印

◎テーオーケインズ
〇オーヴェルニュ
▲サンライズホープ
☆チュウワウィザード
△クリンチャー
×インティ
×エアスピネル

 

買い方

馬券の狙い方
基本的に買いたいのは上位4頭。ソダシとルメールを嫌ってもそれほど配当妙味がないので、◎テーオーケインズの頭の馬券は狙ってみたい。

馬単
◎→○▲☆

3連複
◎-○▲☆-印
◎-○▲☆-○▲☆

3連単
◎→○▲☆→印
◎⇔○▲☆→○▲☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。