【2021エリザベス女王杯 予想】

 

2020年11月14日(日)に阪神競馬場、芝2200mで行われるエリザベス女王杯の予想です!

今年のエリザベス女王杯の主な出走予定馬は、レイパパレ、アカイトリノムスメ、ウインマリリン、ウインキートス、テルツェット、ランブリングアレーなど。




こんばんは!

こちらの予想記事を書いてみて気がついたのですが、天皇賞(秋)観戦記の記事がアップされていませんでした(^^;

写真だけはちゃんと取ったので、載せてみました。

 


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

エリザベス女王杯 勝負度【D】

今年は昨年に続き、阪神競馬場での開催。昨年とは異なり、目いっぱい阪神競馬場を使い倒してからのエリザベス女王杯。

使われることを想定して、かなり堅い路盤にされているようですが流石に多少は外の方が良くなってきている感じがします。

ある程度上がりとスタミナが要求されるレースになりそう。

 

本命は◎クラヴェル

3勝クラスも勝っていませんが、格上挑戦となったマーメイドステークスで2着と好走。レース内容も上位の馬たちが内を通る中、外を回って最後まで前を追い詰めての2着と中身もあるものだった。

中京記念は直線で伸びない内から伸びてきて3着、新潟記念はそれなりにいいコースを通り、展開に恵まれた面もあったものの、ラチ沿いを走れた上位2頭と比べてしまうと走りにくいコース取りだった。

能力はやや足りないかもしれませんが、時計のかかる馬場である程度スタミナの要求されるレースなら適性は高そう。

最近の古馬GⅠは実績馬のぶっつけや能力未知数の馬の好走が目立つので、そういう傾向からは厳しそうではありますが、今回はそれに該当する馬も特にいないので思い切ってここから狙います。

 

○ランブリングアレー

オールカマーがぱっとしないレースにはなりましたが、スローから早めに動く馬がいてロングスパート勝負という難しい競馬でしたし、この馬自身4か月半の休み明け。

ヴィクトリアマイルで好走していますが、マイルよりは距離が伸びた方がいいタイプですし、レースセンスもあるタイプ。

オールカマーで好走した馬よりもオッズや上積みを考えるとこちらの方が良さそう。

 

▲アカイトリノムスメ

強い馬でないと好走できないのがオークス。今年のオークスは外伸び馬場で行われ、外から追い込んだ馬が上位を占める中、内から伸びてきて2着というのは着順以上に内容が濃いものだった。

レースセンスがある分、勝ち味に遅いタイプに映るので前走勝ちきれたのは恵まれた分も大きかったですが、能力は当然高い。

頭はオッズ以上に厳しいイメージがありますが、3着までに来る確率はこの馬が最も高いのではないでしょうか?

 

☆ステラリア

オークスは差し決着、秋華賞は立ち回りとこの馬がした競馬と真逆になったのが大きな敗因。

新馬戦は非常に強い内容でしたし、忘れな草賞では秋華賞4着のエイシンヒテンを差し切っての勝利。

GⅠでは騎手が大事というのは痛感しています。騎手だけで考えると最も人気薄で買えるのはこの馬でしょう。

 

△デゼル

久しぶりの武豊騎手とのコンビ。この馬はしっかり溜めた方が良さがでるタイプで川田騎手とは合っていなかった。

距離延長で道中楽に運べるようになり、武豊騎手ならしっかり脚を溜めた競馬をしてくるはず。

勝つには相当の展開の助けが必要になるとは思いますが、外枠を引いたウインキートスが早めに動くような展開になればチャンスはありそう。

 

△ウインマリリン

積極的に買いたい馬になるはずだったのですが、調整過程がやや不安。

舞台設定は合っていますし、馬の特徴を考えて乗ってくれる鞍上というのは大きな強みですが、前走がハマりすぎたことと鞍上が乗れていることでやや過剰人気気味というのが気になるところ。

 

△レイパパレ

能力が高いことは間違いのですが、前走のレースを見る限り2200mのロングスパート勝負では厳しそう。

レースセンスもあるとは言いにくいタイプなので逃げればいいですが、内で包まれる展開では厳しそう。

誰も競りかけずまんまと逃げ切りということもあるにはありそうですし、オーソクレースでも持ってくるくらいの鞍上なのでこのくらいは評価しておきます。

 

△テルツェット

前走で距離延長と時計のかかる馬場をこなしたものの、全体のレースレベルは低かった。

デムーロ騎手は最近乗れていますし、不気味ではありますが、2200mは流石に距離が長そう。

 

△ウインキートス

前走は内枠から上手く乗られたことで好走しましたが、同じようなレースをGⅠの外枠でこなすのは容易ではないはず。

狙うほど人気薄にもならなそうなので相手まで。

 

△ムジカ

不器用な馬ですが、末脚はある。欲をかいて勝ちに行くと伸びませんが、格上相手で秋山騎手ならじっくり乗ってダメならしょうがないという競馬をしてくるでしょう。

前総崩れならあるかもしれないので一応買います。

 

予想印

◎クラヴェル
〇ランブリングアレー
▲アカイトリノムスメ
☆ステラリア
△1 デゼル
△2 ウインマリリン
△3 レイパパレ
△4 テルツェット
△5 ウインキートス
△6 ムジカ

買い方

馬券の狙い方
◎クラヴェルは博打要素が高いですが、。

ワイド
◎-○▲☆
○-☆

馬連 BOX ◎○▲☆

3連複

◎-○▲☆-印(△1まで厚めに)
○☆-▲-印

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です