【2021セントライト記念 レース予想】

 

2020年9月20日(日)に中山競馬場、芝2200mで行われるセントライト記念の予想です!

今年のセントライト記念の主な出走予定馬は、タイトルホルダー、ソーヴァリアント、ルペルカーリア、オーソクレース、グラティアス、ヴィクティファルスなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

セントライト記念 勝負度【C】

菊花賞トライアルのセントライト記念。

このレースは2200mという中途半端な距離に加え、このコース以外使われない中山競馬場の外回りコース。

今回の出走メンバーを見てみると、逃げたい馬はワールドリバイバル、ノースブリッジくらいしかいませんが、タイトルホルダー、オーソクレース、ソーヴァリアント、グラティアスなどある程度ポジションを取りたい馬がこぞって外枠。外回りコースはコーナーが緩やかになることで早仕掛けをしやすいコースですし、今年はしっかりとしたロングスパート勝負になりそう。

もちろん、ロングスパート勝負に強いタイプを狙いたいところではあるのですが、今回は各馬が早く動く中、最後までじっくり競馬をする馬を本命に選びました。

 

本命は◎ヴィクティファルス

ハイレベルだった共同通信杯でエフフォーリアに次ぐ2着と好走。スプリングステークスでは大外一気でアサマノイタズラやボーデンを差し切り。

4番人気に支持された皐月賞は内ラチ沿いを走った馬しか勝負にならないレース。この馬は5番枠からのスタートだったのですが、外へ外へ進路を取っていき4コーナーでは大外枠のグラティアスのさらに外と進路取りがあまりにも悪すぎました。

ダービーでは例年であれば有利な2番枠を引くことが出来ましたが、今年は外伸び馬場。そもそも東京競馬場での瞬発力勝負はこの馬には向いていない。

ロングスパート勝負になりある程度スタミナの要求されるレースになれば、この馬にはプラス。腹を括ってじっとしていられる池添騎手も合っていそう。

 

対抗〇ソーヴァリアント

ここ2走のレース内容が非常に優秀。

デビューから脚質や気性の問題で出世が遅れてしまいましたが、休みを挟んだことで成長したのかレースぶりが一変。

弥生賞でタイトルホルダーに敗れていますが、これは展開によるもの。ダノンザキッドと同じ最速上がりを使えていますし、能力はあったのでしょう。

おそらく一番人気になると思いますし、多頭数の競馬だと幼さを出す可能性もあるので対抗評価にしました。

 

▲グラティアス

個人的に好き笑

多少の依怙贔屓はありますが、近走レースに恵まれず好走できなかったこの馬がいい条件に使ってきたので3番手評価としました。

兄のミッキーブラック、姉のレシステンシアと持続力で勝負するタイプが多いのがこの家系。それだけに、ハイペースの持続力勝負になることが多い皐月賞は絶好のレースだと思っていましたが、馬場と展開に恵まれなかった。道中ラチ沿いを走ってきた馬が上位を独占する中、この馬は15番枠。ダラダラと外を走らされるかなりロスの大きい競馬をしながら最後までしっかり伸びてきての6着は着順以上の評価をしていいでしょう。

ダービーはそもそも瞬発力勝負になりやすいので適性外でしたし、今年のダービーはオークス同様の外伸び馬場。末脚のないこの馬には厳しいレースでした。

今回はスタミナの要求されるコースになりますし、ロングスパート勝負になればチャンスはありそうです。

 

☆アサマノイタズラ

本命馬をスプリングステークスの勝ち馬にした以上、2着のこの馬もある程度は評価しておきたい。

スプリングステークスはいいレースでしたし、皐月賞は不利な外枠、ラジオNIKKEI賞は控えすぎて全く競馬になっていませんでした。

ロングスパート勝負になってある程度上がりのかかる競馬にならないとさっぱりになりそうですが、セットでくる可能性と妙味を考えてこの評価。

 

△オーソクレース

エピファネイア×マリアライトという血統から、この条件はいかにも合いそうですが、骨折9か月休み明けで、未知数な部分が大きい。

人気がなければというところですが、これで人気ならこれ以上の印は打ちにくい。書くこともない。。。

 

△ルペルカーリア

シーザリオ一族ということで、常に人気先行。。。

モーリス産駒であることや、毎日杯を見る限り瞬発力に欠けるタイプなので、このレースへの適性は高そう。

逃げ馬にはかなり厳しい中京2200mで行われた京都新聞杯を逃げて2着というのは評価してよさそうですが、今回は強い同型馬が多い。

モーリス産駒だけに成長分もあるにはありそうですが、積極的に狙うほどでもない気がします。

 

△タイトルホルダー

皐月賞2着、ダービー6着と好走しており実績は一番。

皐月賞がスローで内を上手く立ち回った馬しか好走できないレースになり、ダービーが内の方が悪いという例年と違う馬場になったことが好走の大きな要因でしょう。

これまでの好走を振り返ってみても先行利があるレースしかなく、厳しいレースになると意外と脆そう。

田辺騎手ならもっと嫌いやすかったのだが….

 

△ノースブリッジ

前走も逃げて穴をあけましたが、かかり気味で終始リズムの悪い走り。

葉牡丹賞が非常にいい走りだったので、リズムよく走れればここでも穴をあける可能性はありそう。

 

予想印

◎ヴィクティファルス
〇ソーヴァリアント
▲グラティアス
☆アサマノイタズラ
△1 オーソクレース
△2 ルペルカーリア
△3 タイトルホルダー
△4 ノースブリッジ

買い方

馬券の狙い方
◎ヴィクティファルスから○▲が本線。3連複で手広く構えつつ、タイトルホルダーが飛んでくれたら….

ワイド
◎-○▲☆

馬連
◎-印

3連複
◎-○▲☆△1△2-印
◎-○▲-印

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です