【2021キーンランドカップ 予想】◎ダイアトニックの復活に期待!

 

2020年8月29日(日)に札幌競馬場、芝1200mで行われるキーンランドカップの予想です!

今年のキーンランドカップの主な出走予定馬は、メイケイエール、ミッキーブリランテ、レイハリア、ダイアトニック、ロードアクア、カツジなど。




こんにちは!

ちょっと更新が遅くなってしまいました(>_<)


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

キーンランドカップ 勝負度【D】

 

サマースプリント第5戦のキーンランドカップ。

定量戦であることから夏競馬のスプリント戦というよりは、スプリンターズステークスの前哨戦と意味合いが強いのですが、今年はメンバーレベルが低め。

人気馬もまだまだ未知数な部分が多い馬が多く、人気で飛びつきたい馬ではない。

前日までの札幌競馬を見る限り、外の方が良さそうですし外の馬を中心に狙ってみたい。

 

本命は◎ダイアトニック

昨年の高松宮記念で3着に好走しており、昨年の函館スプリントステークスまで短距離重賞路線で安定した成績。今回のメンバーでは実績ナンバーワンでしょう。

もちろん、今回人気になっていないのは2走続けて大きな着順を取っているということと、11か月の休み明けであるという点。

昨年のキーンランドカップは外枠差し馬が上位を独占したレースで、この馬は58kgを背負っての最内枠。

スプリンターズステークスはグランアレグリアの豪快な外差しが決まったレース。この馬は横山典騎手にしては出していっていましたし、直線半ばで進路がなくなってからもう追うのをやめていました。着順は13着となっていますが、きっちり最後まで走れればもう少し着順は上がっていたでしょう。

前哨戦としての位置づけのレースで11か月の休み明けというのは気になるところですが、調教は動けていますし、近年はきっちり仕上げてくることが多い。

昨年より軽い斤量、外枠の池添騎手と好走できる要因は揃ったと思いますし、この馬が単勝10倍以上で買えるならこの馬から入ってみたい。

 

対抗〇ミッキーブリランテ

人気上位陣は不安だと書きましたが、最も信用できるのはこの馬ではないでしょうか。

前走を見る限り、1200mは忙しい感じを受けましたが今の札幌の馬場状態ならもう少し追走は楽になるはず。

レースセンスもあるタイプなので、じっくり脚を溜めて直線で上手く捌いて来れれば好走してくれるでしょう。

 

▲カイザーメランジュ

長期の休みを挟んだ前走のUHB賞は内を上手く走ってきた馬が上位を占める中、外から早めに動いての3着。ワンテンポ待っていれば逆転できたでしょうし、着順以上に強い内容でした。

難しい馬で凡走の可能性もかなりありますが、外枠の差し馬を中心に狙うならここはしっかり買っておきたい。

 

☆メイケイエール

明らかに距離の長かった阪神JFでソダシ、サトノレイナス、ユーバーレーベンに続く4着で、1400m以下では負けなしと持っているポテンシャルは今回のメンバーでは最上位。

距離短縮もいい方に働くはずですし、今回は明らかに狙い目ですがそれはファンにばればれ。

気性に難のある馬ですし、前走の暴走も気になるところで一番人気となるとこれ以上の印は打ちにくい。

 

予想印

◎ダイアトニック
〇ミッキーブリランテ
▲カイザーメランジュ
☆メイケイエール
△1 ジョーアラビカ
△2 レイハリア
△3 タイセイアベニール
△4 エイティーンガール
△5 ロードアクア

買い方

馬券の狙い方
◎ダイアトニックから手広く買って高め狙い。

単勝 ◎

馬連 ◎-○▲☆△

3連複 ◎-○▲☆-印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です