【2021函館日刊スポーツ杯 予想】

 

2020年7月3日(土)に函館競馬場、芝1200mで行われる函館日刊スポーツ杯の予想です!

今年の函館日刊スポーツ杯の主な出走予定馬は、ファーストフォリオ、シトラスノート、ショウナンアリアナ、ショウナンバニラ、メイショウミモザなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

函館日刊スポーツ杯 勝負度【】

今年は北海道競馬が札幌から函館という変則開催。

函館競馬は異常に時計の出る馬場になることが多いですし、開幕週なら高速馬場でしょう。

内を走れそうな先行馬を素直に狙いたい。

 

本命は◎ショウナンアリアナにします。

前走は8番枠からの競馬でしたが、上手く逃げ馬の後ろを確保し、直線はスムーズに抜け出してきた。逃げ馬こそ捉えることができなかったが、非常にロスのない競馬での2着。

前走かなり恵まれての好走で、ローテーションも中一週と厳しそうですが、今回は内枠を引いたことで前走のように恵まれた競馬ができそう。

 

対抗は○ショウナンバニラ

前走は最内枠から後方に下げ、直線では馬郡を縫って追い込んできた。今回は昇級初戦ですが、前走の抜け出し方を見る限り恵まれればこのクラスでもやれそう。

前走こそ後方からの競馬になりましたが、その前はもっと前の位置から競馬ができており岩田騎手なら3列目の内くらいで競馬をしてくれそう。

枠順と鞍上がいいのでこの評価にしました。

 

▲チェアリングソング

北海道競馬は好走歴があり。前々走は内しか伸びないへんてこな馬場だった中京競馬で外から追いこんでの5着。

前走だけ目を瞑ればという戦績で、コメントを見るとゲート内でアクシデントがあった模様。このクラスでも通用する力は持っていますし、好枠を生かす競馬ができれば。

 

△メイショウミモザ

昨年カレンモエと0.2差の競馬をしたことがあり、力を出し切れればチャンスはありそう。好位を確保できれば展開にも恵まれそう。

 

△ケルティックソード

前走は芝替わりで驚きの3着。しかも、大外枠スタートで上位2頭に比べると苦しい競馬をしてのものでした。

積極的に乗ってくれそうな斎藤騎手は良さそうですが、高速馬場で3kgの斤量増は厳しい。抑えまで。

 

×サンラモンバレー

内枠有利の競馬だと思っているので内枠というだけで一応抑える。

 

予想印

◎ショウナンアリアナ
〇ショウナンバニラ
▲チェアリングソング
△1 メイショウミモザ
△2 ケルティックソード
× サンラモンバレー

 

買い方

馬券の狙い方
◎ショウナンアリアナは2着まで好走できそうなので、馬連を本線に。内枠だけで決着するパターンの縦目は購入します。

馬連
◎-○▲△×
○-▲(縦目)

ワイド
◎-○

3連複
◎-○▲-印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です