【2021CBC賞 レース展望】

 

2020年7月4日(日)に小倉競馬場、芝1200mで行われるCBC賞のレース展望です!

今年のCBC賞の主な出走予定馬は、ヨカヨカ、ピクシーナイト、アウィルアウェイ、タイセイビジョン、メイショウチタン、ビオグラフィーなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

CBC賞 レース展望

レース傾向

サマースプリント第2戦となるCBC賞。

本来は中京競馬場で行われるレースですが、昨年は阪神開催で今年は小倉開催。

夏の小倉開催は馬場が悪化してくると、極端な外差しが決まる馬場になることもありますが、開幕週の競馬であれば時計の出る馬場での競馬になるでしょう。

レースのポイント
今年は小倉での開催。開幕週で逃げ・先行、内枠有利になりそう。




 

有力馬考察

 

ヨカヨカ

牝馬クラシックを走るために1400mや1600mのレースに使われてきましたが、ベストはやはり1200mでしょう。

前走の葵ステークスは直線進路の確保に苦労する場面がありながらの2着と底力を見せた感じもしますが、レース当日は内を通った先行馬に有利なトラックバイアスが発生していた。勝ち馬が11番人気のレイハリアだったことを考えても、能力云々よりも通ったコースが重要なレースだったと言えそう。

距離が明らかに長かった阪神JFで苦しい展開のなか5着に好走した馬がフェニックス賞、ひまわり賞を勝った得意の小倉1200mに出てくるとなればチャンスは十分にありそう。

 

ピクシーナイト

アーリントンカップ、NHKマイルカップは展開が向かなかった部分も大きいので度外視可能。

シンザン記念を好時計で勝っているので、前2走が度外視できるならここでも注目したいところですが、時計の出やすい馬場を味方につけて鞍上が思い切った逃げを打ったのがいい方に働いた面が大きい。

行きたがる面があるので距離短縮は向いていそうですし、高速馬場にも対応できそう。いきなり小倉の高速馬場の1200mに対応できるかは未知数ですが、ハイペースの持久力勝負になれば。

 

アウィルアウェイ

昨年の北九州記念、スプリンターズステークスと連続で3着に好走。今回のメンバーでは実績上位ですが、よほど差しの決まるレースにならないと厳しいタイプ。

雨でも降って外差しが決まるようになればチャンスがありそうですが、それほどハイペースになりそうなメンバーでもなく、今回は厳しそう。

 

現時点での見解

開催替わりのレース+梅雨時期ということで馬場状態がカギになりそう。

前に行った馬・内を通った馬がかなり有利になりそうなので、枠番を見てから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です