【2021宝塚記念 予想】

 

2020年6月27日(日)に阪神競馬場、芝2200mで行われる宝塚記念の予想です!

今年の宝塚記念の主な出走予定馬は、クロノジェネシス、レイパパレ、カレンブーケドール、アリストテレス、キセキなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

宝塚記念 勝負度【C】

スピードや瞬発力が問われるレースが主流の中で、宝塚記念は異なる適性が問われるレース。

ややずれた適性が問われる為に、波乱が起こりやすいレースですが、今年は上位馬がいかにもこういう舞台の競馬が合っていそうな馬ばかり。

最近のGⅠは人気馬が勝てこそしなくてもきっちり走ってくるケースが多いので下手に嫌わずに素直に勝負します。

 

本命は◎カレンブーケドール!。

昨年のハイレベルだったジャパンカップでアーモンドアイと3冠馬2頭以外には最先着の4着というだけでも実力の程がうかがえますが、圧巻だったのは前走の天皇賞(春)。

このレースも上位人気を牝馬が占めているように今は牝馬が強い時代ですが、3200mの天皇賞(春)は牝馬にとって鬼門とも言えるレース。そんなレースで、早い流れを先行し直線では早め先頭。

結局、牡馬2頭には先着を許してしまいましたが、最も濃い内容の競馬をしていたのはこの馬でしょう。

叩き3走目+天皇賞(春)での激走を考えると体調に不安はありますが、まともに走れればチャンスはあるでしょう。

 

対抗は○クロノジェネシス

この馬の強さについてはわざわざ書く必要もないでしょう。

強い馬がコロッと負けるのが宝塚記念というレースですが、この馬は昨年のレースを見てもわかるように特殊な条件の方が向いている。

前走強い逃げ切りを見せたレイパパレという馬がいるということで勝つレースをするのはルメール騎手といえど難しい気もしますが、3着は外さないでしょう。

 

▲カデナ

近走はなかなか成績を出せていませんが、内回りコースの2200mというコースは向いているはず。

安田記念は高速馬場のマイル戦で全く向かない条件でしたし、大阪杯と比較するとかなりの鞍上強化。

各馬がレイパパレをつぶすために早めに動く展開になれば、チャンスはありそう。

 

☆モズベッロ

大阪杯は馬場に恵まれた印象がありますが、大阪杯よりも距離が延びるのは大きなプラス。

有馬記念前に重症の怪我をしてようやく戻ってきた感じもありますし、カデナ同様展開次第では面白い一頭でしょう。

 

レイパパレ

前走の大阪杯はハマりすぎた印象がありますし、折り合いに難のある馬が前走逃げてしまったというのはマイナス。

能力はありますが、前走よりはレース組が難しくなりそうですし人気を考えてもこのくらいの評価。

 

△キセキ

昨年の有馬記念は秋競馬4戦目ということでローテーション的な厳しさがあった。

金鯱賞は逃げが決まったレースで5着に負けてしまったが、上がり自体は最速をマーク。前走は海外のレースなので度外視可能。

全盛期より力は落ちていると思いますし、乗り方次第なところがありますが、実績だけで考えればここでは上位。最近のGⅠでは調子のいい上がり馬よりも、過去に実績のある馬の好走が目立つ。

外枠からストレスなく競馬ができればチャンスはありそう。

 

×ユニコーンライオン

前走は超スローでの逃げ切りだったので、過大評価はしない方が良さそうですが、レイパパレは逃げたくないはずで、最内枠からすんなり逃げられれば前走の再現もありえそう。

オッズ的な妙味はそれほどないですが、一応印は回しておきたい。

 

消 アリストテレス

菊花賞でのコントレイルとの叩きあいはハイレベルなものでしたが、その後のレースは言うほど強い内容のレースをしていない。

ルメール騎手からの乗り替わり、春4走目というローテーションも厳しい。

条件は向いていそうですが、馬券的な妙味も考えて今回は軽視します。

 

予想印

◎カレンブーケドール
〇クロノジェネシス
▲カデナ
☆モズベッロ
△1 レイパパレ
△2 キセキ
×ユニコーンライオン

消 アリストテレス

買い方

馬券の狙い方
基本的には◎カレンブーケドールと○クロノジェネシスの2頭軸。

馬連 ◎-○

3連複
◎-○-印
◎-▲☆-印

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です