【2021日本ダービー振り返り】いいダービーだっただけに取りたかった…

 

日本ダービーいいレースだった!

道中までスローの感じだったので、「あれ?これは凡戦かな?」とも思ったのですが、終わってみれば素晴らしいレースでした。

ダービーで1倍台の人気を背負った若武者がファンの期待に応えるように抜け出してきたところを、福永騎手が進路を変えながら一完歩づつ追い詰め、ラストはハナ差。

なかなかダービーを勝つことができなかった福永騎手がこんな形で若手ジョッキーのダービー制覇を阻止するとは、感慨深いものがありますね。

 

日本ダービー 振り返り

 

木曜日にある程度まとまった雨が降り、土曜日から芝コースは良だったものの、ダートコースが稍重スタートだったくらい水分を含んだ状態でダービーウィークがスタート。

例年であれば、Cコース替わりで内が圧倒的に有利になるところなのですが、この雨の影響か土曜日から外伸びが目立つ馬場になっていました。

そして、当日に出した予想でこんなことを書いてました。

木曜日に雨の影響を受けたからか、土曜日の競馬を見る限り例年ほど内がいいわけではなさそう。外から伸びて来た馬の好走が目立ちましたし、先に抜け出して直線半ばで勝ち馬が決まってしまうという感じではなく、直線最後まで勝負を楽しめるいい馬場になっていると思います。

ここだけ完璧に当たってる(笑)

今回惜しくも負けてしまったエフフォーリアですが、横山武史騎手は相当上手く乗りましたね。1番枠は決して良かったわけではありませんが、積極的にポジションを取りにいき、直戦では上手く外に持ち出しながら早め先頭。これは東京のGⅠを勝つ鉄板とも言えるパターンで、これで勝てなきゃしょうがないという競馬でした。

勝ったシャフリヤールは瞬発力勝負だと厳しいと思っていましたが、想像以上に中盤までがスローになったことで外から早めに動く馬がいてくれたことが良かった。もちろん、上手く馬郡を縫って追い込んできた福永騎手の腕も際立っていました。

 

横山武史騎手のダービー制覇がかかっていたエフフォーリア、POGで指名していたグラティアスの2頭を個人的には応援していながら、馬券はシビアに◎グレートマジシャンから勝負したのですが、無念の4着…

リアルタイムでは直線半ばで◎グレートマジシャンは無理だと思い、シャフリヤールとエフフォーリアの叩きあいに集中していたので、3着争いは見ていませんでしたが、まさか、あんなに惜しい4着だったとは(>_<)

 

馬券的には2着以内が大本命でしたが、3着でも3連複をぶ厚く買っているところだったのでそれなりに回収できるところでした。いいレースだっただけに余計取りたかったなあ。

 

今年のダービーは終わってしまいましたが、今週からはもう来年のダービーへの戦いが始まります!

最初の週の新馬戦はサトノレイナス、サリオス、グランアレグリア、ステルヴィオなど、後の活躍を数多く出しているので、目が離せませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です