【2021桜花賞 予想】鞍上変更で人気急落の◎ククナ!

 

2020年4月10日(日)に阪神競馬場、芝1600mで行われる桜花賞の予想です!

今年の桜花賞の主な出走予定馬は、ソダシ、サトノレイナス、メイケイエール、アールドヴィーヴル、アカイトリノムスメ、ソングラインなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

桜花賞 勝負度【B】

 

牝馬クラシックの第一弾、桜花賞。

この時期の牝馬路線は、実力が発揮されやすい阪神外回りコースで主要レースが行われることから、阪神ジュベナイルフィリーズ→チューリップ賞→桜花賞というのが王道路線になってきましたが、アーモンドアイがシンザン記念、グランアレグリアが朝日杯、デアリングタクトがエルフィンステークスと別路線組の活躍が目立つようになってきました。

今年も人気になっているソダシ、サトノレイナスはぶっつけのローテーションですし、勝ち馬は出していなくてもそれなりに活躍馬を出しているチューリップ賞は今年は例年になく低レベル。

例年であれば、チューリップ賞でちょっと負けた馬がねらい目になってくるのですが、今年は別路線組から狙ってみます。

本命は◎ククナにします。

デビューから主戦がルメール騎手だったことで、過剰人気をしていることが多く、なんとなく人気より好走できないという印象があり、今回乗り替わりになってしまったことで人気が急落。ですが、レースを見返すとこの人気で買えるならこの馬が最も面白いのではないでしょうか。

アルテミスステークスでソダシに負けてしまっていますが、これは力負けというよりも位置取りの差で負けてしまっただけ。シンザン記念は内が有利という特殊な馬場で大外枠スタート。それで上位が重賞で活躍している相手に負けての4着なら負けて強し。クイーンカップも包まれて追い出しが遅れてしまった分、負けてしまったというレース内容。

昨日の阪神の競馬をみる限り、決め手のある馬の方が好走確率が高いと思いますし、ここは馬券内に突っ込んで来れる力があるのではないでしょうか。

 

対抗は○アールドヴィーヴル

新馬戦は着差こそクビしかつけられませんでしたが、上がり2位の馬が35.7の上がりしか使えていないのに、この馬は0.8も早い34.9という上がりを使って豪華な差し切り勝ち。

クイーンカップも外から上がり最速を使っての2着ですし、阪神外回りコースに変わるのはプラスでしょう。

 

▲アカイトリノムスメ

あまりの良血なので、敬遠してしまうことが多く、どうしても疑いの目を持って見てしまうのですが、決め手の生きる馬場ならこの馬は素直に評価したい。

 

 

予想印

◎ククナ
〇アールドヴィーヴル
▲アカイトリノムスメ
☆ソングライン
△1サトノレイナス
△2エリザベスタワー
△3ソダシ
△4メイケイエ-ル
×ファインルージュ
×ストライプ
×エンスージアズム

買い方

馬券の狙い方
◎ククナから手広くと、○アールドヴィーヴルからの縦目を少しだけ買ってみたい。

ワイド
◎-〇▲☆

馬連
◎-印(△2まで厚めに)
○-▲☆△1△2

3連複
◎-○▲☆△1△2-○▲☆△1△2
◎-○▲-印

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です