【2021初富士ステークス レース予想】鞍上強化で◎マイネルウィルトス!

 

2020年1月23日(土)に中山競馬場、芝1800mで行われる初富士ステークスの予想です!

今年の初富士ステークスの主な出走予定馬は、ドナアトランテ、ムジカ、ウイングレイテスト、ニシノカツナリ、ハーメティキストなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

初富士ステークス 勝負度【D】

最終週で馬場が荒れてきましたし、明日は雨予報も出ているので、スタミナのある外差しを狙いたいところではあるのですが、逃げそうなオメガルビーが最内枠を引いたことでスロー濃厚。

今開催の中山は馬場が荒れてきても、スローになって前が残るレースが多かったですし、今回は外差しではなく、パワーとスタミナがあり先行できそうな馬を狙います。

 

本命は◎マイネルウィルトス

初の中山コースでの競馬になりますが、先行してしぶとさを生かす競馬が得意なタイプなので、時計のかかる馬場はいかにも合いそう。

好走条件を選ぶタイプなので、近走の早い上がりを要求されるレースは度外視でいい。

久しぶりにまともな鞍上に戻りますし、この枠からなら雨の影響で内が悪くなっても避けることができるはず。

好位から早めに抜け出す競馬ができればチャンスはあるでしょう。

 

対抗は○トータルソッカー

こういう時計のかかる馬場でしぶとさを生かす競馬ができれば、まだまだ通用していい。

勝ちきるまでは厳しそうだが、田中勝治騎手が上手く乗ってくれればなだれ込みもあるのではないでしょうか。

 

▲ドナアトラエンテ

スロー濃厚で前残り想定ということで、出遅れ癖があり大外枠を引いてしまったこの馬にはこの評価が限界でしょう。

ただ、能力はありますし、ルメール騎手がきっちりゲートを出してきて「あれ?なんでこのペースなのに後ろにいるの?」と言わんばかりの競馬をして圧勝する気もします。

 

☆ハーメティキスト

前走は福島競馬で大外枠とロスの大きな競馬を強いられての負け。

そこまでの競馬を見ている限り、小回りの1800m戦というのはこの馬にぴったり。

内枠を引けましたし、好位から馬場のいいところを選んで走ってくれば馬券内は大いにあるでしょう。

 

予想印

◎マイネルウィルトス
〇トータルソッカー
▲ドナアトラエンテ
☆ハーメティキスト
△1 ウイングレイテスト
△2 ニシノカツナリ
△3 ムジカ

買い方

馬券の狙い方
◎マイネルウィルトスは勝ちきれるタイプでもないので、連軸、複軸で。

ワイド
◎-〇▲☆

馬連
◎-○▲☆△(☆まで厚めに)

3連複
◎-○▲-○▲☆△

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です