【2020中京新聞杯 予想】◎ボッケリーニの重賞初制覇に期待!

 

2020年12月12日(土)に中京競馬場、芝2000mで行われる中日新聞杯の予想です!

今年の中日新聞杯の主な出走予定馬は、ヴェロックス、グロンディオーズ、ボッケリーニ、サトノガーネット、トリコロールブルー、サトノソルタスなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

中日新聞杯 勝負度【D】

年末の中京競馬場で行われる中日新聞杯。

中京競馬場での中距離戦ということで、ペースが流れたり、道中動く馬がいるとズバッと差しの決まるレースになりやすい。

今年は必ず逃げたいというタイプがいませんし、中京競馬場の馬場状態が非常にいいので、例年ほどの差し競馬にはならず、立ち回り力も求められるレースになりそうということで予想を組み立てました。

 

本命は◎ボッケリーニにします。

今回が重賞初挑戦ではありますが、前走のカシオペアステークスが好内容。

カシオペアステークスは秋華賞の行われた京都競馬場で行われ、馬場の内が荒れた状態。そんな馬場で上位が外を回った馬が占めるなか、この馬は終始内を通るコース取り。

2000mも初挑戦になりますが、マイルよりも1800mの方が好成績を上げていますし、距離延長のローテーションの時は(3.1.0.0)と抜群の成績。

今の中京なら、進路を選べる内枠はいい方に働くと思います。

 

対抗は○ヴェロックス

有馬記念、小倉大賞典と結果を残せていませんが、有馬記念はハイレベルなメンバーでのレースでしたし、小倉大賞典は特殊な馬場状態だったので、完全に度外視でいいでしょう。

クラシックのレースを見ると、なんかワンパンチ足りない印象もあるのですが、総合力は高い。

今回は素直な2000mの能力勝負になりそうですし、まともに走ってくれればこの相手なら。

 

▲シゲルピンクダイヤ

能力はあるのですが、とにかく器用さに欠ける上に乗り難しい馬。阪神牝馬ステークスや府中牝馬ステークスでは大敗してしまいましたが、馬の能力云々よりも鞍上が和田騎手でなかったことも大きかった。

今回は和田騎手に戻りますし、この舞台なら不器用さを能力でカバーすることも可能。

 

予想印

◎ボッケリーニ
〇ヴェロックス
▲シゲルピンクダイヤ
☆レッドヴェイロン
△1 サトノガーネット
△2 サトノソルタス
△3 デンコウアンジュ
△4 ショウナンバルディ
△5 ギベオン
△6 トリコロールブルー
△7タガノアスワド

買い方

馬券の狙い方
◎ボッケリーニしか買いたい馬がいない。ここから手広く上手に馬券を組み立てたい。

単勝 ◎

馬連
◎-○▲
◎-印

3連複

◎-○-▲☆△

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です