【2020チャレンジカップ 予想】ここも通過点◎レイパパレ!

 

2020年12月5日(土)に阪神競馬場、芝2000mで行われるチャレンジカップの予想です!

今年のチャレンジカップの主な出走予定馬は、レイパパレ、ブラヴァス、ジェネラーレウーノ、ヒンドゥタイムズ、サトノクロニクル、ロードクエストなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

チャレンジカップ 勝負度【D】

条件が変更になって今年で4回目を迎えるチャレンジカップ。

これまでの3回は阪神の内回りコースで開幕週に行われていたこともあり、内・先行有利だったため、立ち回り力が求められた。

しかし、今年は京都競馬場の改修に伴い開催日程が変更。このレースの開催がAコース最終週に変わったことで今年は例年よりも実力が問われるレースになりそう。

ここはシンプルに強い馬を狙ってみたい。

 

本命は◎レイパパレ

秋華賞デーの大原ステークスは、「秋華賞に出ていれば…」と話題になるほどの完勝ぶり。

積極策を取ることが多い川田騎手で2000mへの距離延長というのは少し不安がありますが、馬場の悪い京都で前走ほどの競馬ができるのならこなせるでしょう。

 

対抗は○ヒンドゥタイムズ

ここ2走は4着と馬券に絡めていませんが、非常に安定して力を出せるタイプ。

4走前にこの舞台でブラヴァスに負けてしまってはいますが、ブラヴァスの方がコースロスの少ない競馬をしていますし、上がりはこちらが最速をマーク。

レースセンスも高い馬なので、1番枠もいい方に働くでしょう。頭で来るイメージがあるタイプではありませんが、上手く立ち回って2着は十分あるでしょう。

 

▲ブラヴァス

こちらも非常に安定感があり、ここ2走全く問われる適性が異なるレースで連続好走。

大外枠なのが少し嫌だなくらいしかケチの付け所がないのですが、特殊な適性が問われた重賞での好走と血統的な背景から過剰人気の気がするので3番手まで評価を下げました。

 

☆ジェネラーレウーノ

前走は長期休養に加え、前半をスローにしすぎてしまいこの馬の力を出し切れなかった。

京成杯や皐月賞のように早いラップを刻んで後続に脚を使わせる競馬さえができれば理想だが、そういう競馬をできる騎手はなかなかいない。今回は少頭数で競りかけてくる馬もいないので、自分でペースを作らなければならず、三浦騎手がそこまで上手に乗れるかが大いに疑問。

この馬が完璧な競馬をした場合は、レイパパレを負かし波乱を演出することも可能でしょう。

 

予想印

◎レイパパレ
〇ヒンドゥタイムズ
▲ブラヴァス
☆ジェネラーレウーノ

 

買い方

馬券の狙い方
基本は◎○の馬連と2頭軸の3連複。ジェネラーレウーノが頭の馬券を100円づつくらい買う予定。

馬連 ◎-○

3連複 ◎-○-▲☆

馬単(単勝の代わり)
☆→◎○▲

3連単
☆→◎○▲→◎○▲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です