【2020京都2歳ステークス レース展望!】

 

2020年11月28日(土)に阪神競馬場、芝2000mで行われる京都2歳ステークスのレース展望です!

今年の京都2歳ステークスの主な出走予定馬は、ラゴーム、バスラットレオン、ワンダフルタウン、グロリアムンディ、グラティトゥー、ダノンドリーマーなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

京都2歳ステークス

レース傾向

京都2歳ステークスという名称こそ変わらないものの、今年は阪神競馬場での開催。

内回りとはいえ京都の2000mよりも阪神2000mの方が能力が発揮されやすいですが、少頭数で2歳戦ということでスローからの瞬発力勝負になりそう。

レースのポイント
今年は京都ではなく阪神での開催。

 




 

有力馬考察

ラゴーム

新馬戦は大外枠から長い距離を走らされる形になりましたが、馬場の悪い中最後までしっかり走り切り、レッドジェネシスやビップランバンといった馬を抑えての勝利。

アイビーステークスでの負けがいかにも瞬発力負けという印象でしたし、レースぶりを見る限りズブく時計のかかる競馬の方が向いていそう。今の阪神の馬場状態で内回りの競馬では良さが生きなそう。

 

バスラットレオン

新馬戦は1000m通過が1.05.1という超スローではありましたが、札幌競馬場で流し気味に33.6を記録。

札幌2歳ステークスは1番人気で3着に敗れてしまいましたが、勝ったソダシはアルテミスステークスも制した実力馬ですし、ハイペースで先行して早めに競りかけられる苦しい流れの競馬でした。

高速馬場で時計勝負に対応できるかという疑問はありますが、スローからの瞬発力勝負の適性は十分。ある程度ポジションも取れそうですし、安定して好走してくれそう。

 

ワンダフルタウン

新馬戦では着差こそダノンザキッドにつけられてしまいましたが、出遅れてノーチャンスと言えるほど後方からの追い込みで2着。

新潟での未勝利戦は単純に着差をつけて勝っただけではなく、道中のレースぶりもよくなりましたし、1戦ごとに成長がうかがえる。

前走の萩ステークスでは3着に負けてしまいましたが、休み明けで+16kgでの競馬でしたし、叩いた上積みもありそう。

 

現時点での見解

現時点で狙ってみたい穴馬は、

グロリアムンディ

秋華賞デーの新馬戦を勝ち上がりましたが、秋華賞が行われるころの京都競馬場は非常に内が悪い状態。4コーナーから福永騎手が上手に外に持ち出してスパッと伸びてきましたが、道中はずっと馬場の悪いところを走らされており、見た目以上に苦しい競馬。

レースぶりを見てもレースセンス、瞬発力共にありそうなので、この条件は向いているのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です