【2020秋華賞 予想】◎デアリングタクトからヒモ荒れ狙い!

 

おはようございます!ごくらくです!

秋華賞の予想に時間がかかりすぎてしまったので挨拶はなし!

 

秋華賞 予想

 

本命は何の捻りもないですが、◎デアリングタクトにします。

「ひと夏を超えた牝馬」「ぶっつけというローテション」と来週のコントレイルに比べると絶対的な安定感は感じられないのですが、春のレースや他馬の前哨戦を見る限りではここでも、大きく崩れることはないでしょう。

大きな不安材料だったコース適性も、馬場が悪化したことで能力が問われやすくなりましたし、外枠寄りに入れたことで、安定感も増したでしょう。

 

対抗は○マジックキャッスル

この馬はサフラン賞のレースぶりを見てから注目していた馬。

毎年低レベルと言われるファンタジーステークスですが、昨年に関しては勝ち馬はレシステンシアでレースレベルは高かった。クイーンステークスでの2着も、ミヤマザクラが上手に乗ったことに加えて、上手とは言えないフォーリー騎手鞍上であり、距離ロスも大きかった。

桜花賞こそ案外というものでしたが、距離が長いと思われたオークスでもデアリングタクトに次ぐ上がりを使っての5着なので、能力は間違いないでしょう。

紫苑ステークスも休み明けやコース取りを考えるとマルターズディオサと差のない競馬ができていましたし、オッズや差しの決まる馬場ということを考えるとこの馬の方を上に取りたい。

大野騎手というのは個人的にあまり…な騎手なのですが、後方でじっとしている競馬は得意ですし、今の馬場なら外枠もプラスでしょう。

 

▲ウインマイティー

オークスは展開に恵まれた部分がありましたし、13番人気での激走でしたが、基本的にオークスは弱い馬では好走できない過酷なレース。

紫苑ステークスでは、出遅れて後方からの競馬になり6着に敗れてしまいましたが、大きな距離ロスをしながら上がり最速を叩きだしました。

ゴールドシップ産駒ということで、今の時計のかかる馬場は得意だと思いますし、前走叩いたことで状態も上向いて来そう。

デアリングタクトに勝つ可能性を探すなら、やや内をあけて馬場のいいところギリギリを攻めるしかなさそうで、そういう競馬ができる可能性が最も高いのはこの馬なのではないでしょうか?

 

☆フィオリキアリ

2勝クラスの西海賞しか勝てておらず、馬柱が汚いので人気を落としていますが、この馬はとにかく時計がかかり外差しの決まる競馬でしか好走できない。

桜花賞も着順こそ7着ですが、上がり時計37.1はクラヴァシュドールに次ぐ3位でしたし、距離が足りない印象を受けました。

ローズステークスは内が有利な中京ということで何もできませんでしたが、これは馬場と展開によるもの。

下手に勝ちに行かず、3着を拾いに行く競馬をしてくれれば。

 

△クラヴァシュドール

ローズステークスの内容が案外ではありましたが、休み明けで+18kgに加え、早めに外から動いたロスが大きかった。

ある程度上がりのかかる2000m戦ならこの馬の良さが生かせると思いますし、叩いて上積みがあれば。

 

△ムジカ

なかなか勝ちきれない馬ですが、ローズステークスでの好走は力がある証拠。

勝つとは考えにくいですが、終わってみればローズステークスで好走していた組ということは多々あるのでここは買っておきたい。

 

△マルターズディオサ

桜花賞とオークスは折り合いを欠いてしまい力を発揮できていなかったので度外視可能。

田辺騎手だけにさっぱりということもありそうですが、力を出し切れれば。

 

△パラスアテナ

紫苑ステークスでは大外枠から長い距離を走らされる苦しい展開の中、しっかり踏ん張っての2着。

今年の秋華賞はある程度のスタミナが要求されると思いますし、いいタイミングで動き出せればチャンスはありそう。

 

△ミヤマザクラ

桜花賞、オークスでは結果を残せませんでしたが、桜花賞の4コーナーは見所がありましたし、京都2000mというのは過去にレコードを出したこともある得意な舞台。

ただ、馬場が読めていて絶好調の福永騎手とはいえ、最内枠は大きなマイナスでしょう。

 

消し リアアメリア

昨年のPOGで指名したこともあり、ここまで応援していた馬なのですが今回は消しの評価にします。

「阪神ジュベナイルフィリーズは大外枠」、「桜花賞は道悪」、「オークスは距離が長かった」と言い訳のできる負け方で春は結果を残せませんでしたが、トライアルレースとして最重要と言えるローズステークスを勝利。

これだけ書くと評価して当然の馬ではあるのですが、流石に今回は条件が厳しそう。

「スタミナの要求されるレース」「道中の流れが早く脚のたまらないレース」は対応できそうもないですし、ローズステークスも着差や見た目ほどいいものではありませんでした。

春のクラシックで活躍できなかったのは、気性的な要因も大きかったでしょうし、一夏を超えて気性的な成長もあったと考えることもできるのでもちろん好走する可能性はありますが、デアリングタクトに本命を打ってしまっていますし、この馬に印を打つ必要はないと判断しました。

 

予想印

◎デアリングタクト
○マジックキャッスル
▲ウインマイティー
☆フィオリキアリ
△クラヴァシュドール
△ムジカ
△マルターズディオサ
△パラスアテナ
△ミヤマザクラ

 

買い方

狙い方ポイント
◎デアリングタクトが勝つ可能性は高いですが、頭固定で買う必要はなし。逆転で狙うなら▲ウインマイティー。

馬連、ワイド

◎-○☆(厚めに)

3連複

◎-○▲☆-○▲☆△
◎-○▲☆-○▲☆
◎-○▲-☆△

3連単(おまけ)

▲→◎→○☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です