【2020クイーンステークス レース展望】今年は変則日程で2週目開催!

 

2020年8月2日(日)に札幌競馬場、芝1800mで行われるクイーンステークスのレース展望です!

今年のクイーンステークスの主な出走予定馬は、フェアリーポルカ、スカーレットカラー、コントラチェック、ビーチサンバ、シャドウディーヴァ、カリビアンゴールド、リープフラウミルヒなど。




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

レース傾向

例年であれば、札幌開幕週に行われるクイーンステークスですが、今年は変則開催のため2週目の開催。

開幕週で行われていた昨年までは、ある程度レースセンスがあり好位にいる馬が穴をあけるケースが多かったですが、札幌の1800mと牝馬にはやや過酷な条件なので、ディアドラ、スカーレットカラーなど力のある馬なら差し込んでくることができる。

先週は雨に降られることがなく開催を終えたので、外よりも内の方が有利な状態にはありそうですが、先週も時計がかかっていましたし、シンプルな立ち回り競馬にはならないのではないでしょうか?

「穴馬は内枠から先行できそうな馬」を狙い、「実力馬は脚質や枠番で嫌いすぎない」というのが基本スタンス。

レースのポイント
・今年は開幕週ではなく、2週目の開催。
・イメージよりは立ち回り競馬にはならないが、穴馬を狙うならある程度先行できる馬の方がいい。




 

有力馬考察

フェアリーポルカ

不良馬場で行われた中山牝馬ステークスで重賞初制覇を果たし、福島牝馬ステークスでは初めてメンバー中最速の上がりを繰り出し重賞2連勝。

レースセンスもあるタイプなので、小回りコースの1800mが得意というのもうなづける。

条件はベストなものが揃ったので、必要以上に嫌う必要はないと思いますが、重賞連勝はどちらもいい進路を走れましたし、中山牝馬ステークスは不良馬場、福島牝馬ステークスは低レベルでした。

なにより、人気で買いたいタイプではない。

 

スカーレットカラー

この馬は自分のリズムで道中ゆったり走ることができるかどうかで好走か凡走かが分かれるタイプ。

府中牝馬ステークスも常識的には後ろ過ぎるポジションでしたが、きっちり弾けて好時計で勝利。一方、色気を出してポジションを取りに行ったエリザベス女王杯とヴィクトリアマイルは伸びきれなかった。

今回は馬の特性を理解している岩田騎手に手が戻りますし、ある程度ペースは流れそうなので、枠順と馬場次第では有力でしょう。

 

コントラチェック

この馬の好走パターンは気持ちよく逃げることができるかどうかなので、近2走の負けは気にしなくていいでしょう。

ただ、今回は逃げ馬も多く揃ったので楽なレースにはならないでしょう。

現時点では軽視で良さそうですが…

 

現時点での見解

このレースで狙ってみたいのはこの馬!


中央競馬ランキング

(ブログランキングページのブログ紹介欄に載っています。登録したばかりなので探すのが大変かもしれませんがクリックよろしくお願いしますm(__)m)

現時点で出走できないかもしれませんが、出走できればチャンスはありそう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です