【2020オークス 予想】◎デアリングタクトが無難に差し切る!

 

2020年5月24日(日)に東京競馬場、芝2400mで行われるオークスの予想です!

今年のオークスの主な出走予定馬は、デアリングタクト、デゼル、クラヴァシュドール、ミヤマザクラ、サンクテュエール、ウインマリリンなど。




こんばんは!

そういえば、先日中谷騎手の突然の引退が発表されましたね(>_<)

基本的に私は騎手には感情を持たないようにしているのですが、中谷騎手は思い入れがあるんですよね。

今このブログを書いているパソコンは、中谷騎手を本命にした馬券で高配当を手にして購入したもの!(レース名や馬の名前は忘れましたが、3連複で11万馬券だった)

それ以来、朝日杯のシャドウアプローチや京成杯のヒンドゥタイムズなどいい馬券を取らせてもらった凄く相性のいい騎手。

どんな騎手かと聞かれてもイマイチ返答に困るのですが、「なんか来そう」というのが分かった(気がする)数少ない騎手だったですが…

まだ、今日は新潟で騎乗が残っていますし応援したいと思います!
ただ、馬券は売れすぎなので買いません(笑)

 


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

オークス

 

本命は◎デアリングタクトにします!

「オークスは強い差し馬が好走しやすいレース」

ということで、今回のメンバーで最もこの条件に合っているのはこの馬でしょう。

時計のかかるエルフィンステークスでの最後の末脚を見る限り、スタミナは問題ない。新馬戦では直線で進路を変えるようなシーンがありながら捌いての差しきりとレースセンスもある。

不安材料は、高速馬場を走った経験がないこと。

前走の桜花賞で、後方から豪快な差し切り勝ちを決めたことで、今回もおそらく馬の力を信頼して後方からの競馬を選択してくるでしょう。そうなると今の馬場では届かない可能性も…

ただ、3着以内に好走する確率はかなり高いと思いますので、過剰人気気味ですがここから攻めてみたいと思います!

 

対抗は○クラヴァシュドール

王道路線をしっかり走ってきて、チューリップ賞、桜花賞とどちらも脚を余した。

特に桜花賞はかなりちぐはぐながら伸びない内を突いて、4着に入った内容は着差以上にいいものがあった。

高速馬場で行われたサウジアラビアロイヤルカップではサリオスと変わらない33.1の上がりを使っていますし、高速馬場適性もありそう。

本命にすることも考えたのですが、不安なのはやはりデムーロ騎手のスタート。

マテラシオンで出遅れながらNHKマイルカップを制しましたが、あの時は11番枠で今回は2番枠。奇数よりはいいと思いますが、デムーロ騎手は外枠の方がいい騎手なので、出遅れて包まれてしまうリスクを考えて対抗評価にしました。

普通にゲートを出れば、デゼルを交わしてラチ沿いを走ることができそうですし、そうなれば好走してくるでしょう。

 

▲ウーマンズハート

今回最も面白い穴馬はこの馬でしょう。

ここ2走結果を出せず人気をおとしていますが、ゆったりした流れで脚を溜めることで良さが出るタイプなので、早いラップのマイル戦は合わなかった。

新馬戦は新潟でしたが、32.0の脚を使ってマルターズディオサを差し切り。新潟2歳ステークスでも32.8の脚を使って勝利しており、左周りの競馬は得意。

ハーツクライ産駒で距離はこなせそうですし、道中ゆったり運んでしっかり脚を溜めることができれば、長い直線を生かして追い込んでくることも可能。

 

☆マルターズディオサ

大外枠に入ってしまい人気を落としていますが、流石に馬鹿にされすぎでしょう。

先週のヴィクトリアマイルでも、大外枠からサウンドキアラとノームコアが馬券に絡んできていますし、上手にレースを運ぶことができれば枠の不利を帳消しにすることも可能。この馬は後方からの競馬も先行策も取ることができる自在性がある。

阪神JF→チューリップ賞→桜花賞としっかり王道の路線を走って結果を出してきましたし、毎年のパターンならこういう馬が穴をあけるはず。

 

△ミヤマザクラ

クイーンカップを先行して押し切るというこの馬の良さを生かした競馬をして勝ったにも関わらず、鞍上は納得せず。桜花賞本番でもオークスを見据えてなのか積極性に欠ける教育的騎乗。

スタートセンスがあり、スタミナを生かすタイプというのは福永騎手と相性が悪いので、長くいい脚を使わせるのが上手い武豊は合っているはず。

展開も味方しそうですし、上手く後続に脚を使わせることができれば。

 

△ デゼル

レース経験が少ないので評価が難しい馬ですが、デアリングタクトとクラヴァシュドールよりは好走率が低そう。1番枠というのも勝率こそ上がったものの複勝率はぐっと下がったように感じるので今回はこの評価。

未勝利戦、スイートピーステークスとどちらも豪快な末脚を披露しましたが、長くいい脚を使えるという印象のあるタイプなので、東京コースは合っていそう。ただ、まだ幼い部分がありスタートも安定しない。

東京の芝コースでレーン騎手は嫌わない方がいいとは思うのですが、来られたらしょうがないくらいの気持ちで。

 

△ウインマリリン

フローラステークスは2000mの重賞ですが、東京の開幕週に行われることもありスタミナを問われない立ち回り競馬になることが多い。そのため、立ち回り力が問われない本番では好走できないパターンが多いのですが、今年は強風+ハイペースでレース上がりが35.7もかかるスタミナの問われる一戦でした。

高速馬場がどうかですが、スタミナを生かせるレース展開になれば。

 

△アブレイズ

前走のフラワーカップは先行馬には厳しい流れ。

それを強引に押し切ったこの馬のスタミナは軽視しない方が良さそう。

内枠で上手くレースを運べればひょっとしたら。

 

△リアアメリア

阪神JF、桜花賞と2度続けて人気を裏切る形になっていますが、阪神JFは高速馬場の大外。桜花賞は道悪競馬だった上に道中揉まれてしまい力を出し切れなかった。

アルテミスステークスではこのコースで33.0の上がりを使い、サンクテュエールを楽々差し切っていますし、本調子に戻ってくれば。

 

×スマイルカナ

桜花賞はレシステンシアがいたことで好走できたイメージが強く、柴田大知騎手が2走連続でいい騎乗ができるとは思えない。馬場的には有利でもオークスで逃げ馬は厳しいことが多い。

ただ、自分の形に持ち込めた時はしっかり結果を出しているので、一応印は回す。

 

×サンクテュエール

外枠を引いたら軽視と決めていたのですが、外枠すぎて全く嫌う妙味がなくなってしまった。

ここまで人気がないなら、レースセンスのある馬とルメール騎手ということで一応印は回す。

 

予想印

◎デアリングタクト
〇クラヴァシュドール
▲ミヤマザクラ
☆マルターズディオサ
△1 ミヤマザクラ
△2 デゼル
△3 ウインマリリン
△4 アブレイズ
△5 リアアメリア
×スマイルカナ
×サンクテュエール

 

買い方

◎デアリングタクトから○クラヴァシュドールが大本線で厚めに。▲ウーマンズハートからは手広く抜け目を防ぐ形で。box]

馬連

◎-○▲☆
○-▲☆(縦目)

3連複

◎-○-▲☆△ (本線)
◎-▲-印 (抜けがないように広めに)
◎-○▲☆-○▲☆△1△2 (相手を絞って重ねる)

▲-○☆△1-○☆△1△2 (抑えの縦目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です