【2020天皇賞(春) 予想】鞍上変化で◎エタリオウの一変に期待!

 

2020年5月3日(日)に京都競馬場、3200mで行われる天皇賞(春)の予想です!

今年の天皇賞(春)の主な出走予定馬は、フィエールマン、ユーキャンスマイル、キセキ、ミッキースワロー、メイショウテンゲン、トーセンカンビーナ、モズベッロなど。




こんばんは!

予想に時間がかかりすぎて遅くなりました(^^;

 


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

天皇賞

日本最長距離で行われるGⅠがこの天皇賞(春)。

ひと昔前は、日本競馬で最高峰の位置にあり春の大一番と言えばこの天皇賞(春)であり、過去のレースを見返しても数々の名勝負を生み出した、歴史と伝統のある素晴らしいレース。

だったのですが、近走は大阪杯や海外競馬など春のレースの選択肢が増えたことや、日本競馬における長距離路線の重要性が下がってきていることもあり天皇賞(春)は敬遠されるようになってしまいました。

昨年こそディープインパクト産駒でのワンツーを決めましたが、馬産の中心だったというべきディープインパクト産駒(1.2.1.13)とキングカメハメハ産駒(0.0.0.14)が壊滅的な成績なことを考えても日本競馬の中心にあるレースだとは言えなくなっているのでしょう。

天皇賞(春)は3200mで行われるので、「スタミナが要求される」と考えるのが自然ですが、ペースと馬場状態によって大きくレースの質が変わってくるというのがこのレースの難しいところ。

時計のかかる馬場になったり、ゴールドシップのようにレースを途中から動かしてしまう馬がいると、3200mのレースにふさわしいスタミナ勝負になりますが、高速馬場でスローペースの展開になるとほとんどスタミナの問われない競馬になる。

では、今年はどうなのかと考えると、

馬場状態は、「昨年より時計がかかり、外差しも意外と決まる」というのが土曜日の競馬を見たときの印象。

展開は、ダンビュライトくらいしか逃げそうな馬がいないので近年の傾向通り後半だけの勝負になりそうですが、キセキのスタートと動き方次第ではスタミナ勝負になることもありそう。

長距離実績があり、鞍上にルメールを迎えたフィエールマンが当然人気を集めていますが、不利な大外枠に入ってしまいましたし、ここは他の伏兵から入ってみたいと思います。

 

本命は◎エタリオウにします!

菊花賞ではフィエールマンと差のない競馬ができており、昨年の天皇賞(春)でもフィエールマンの4着と能力はある。

乗り難しいタイプで力を出せていませんが、川田騎手への乗り替わりで一変があるのではないでしょうか?

そもそも和田騎手を乗せて勝ち上がり、見せ場を作ったダービーはボウマン、その後はデムーロと腕っぷしの強いタイプで好走しており、横山典騎手とは明らかに手が合っていませんでした。

前走は岩田騎手でしたが、スタートからかかるような行きっぷりでしたし、早めに先頭に立つ展開も厳しかった。

想定よりも内が有利という馬場でもないですが、この枠から川田騎手なら2~3番手からスムーズな競馬ができそうですし、この馬の新たな一面を引き出してくれるかも。

 

◯フィエールマン

菊花賞、天皇賞(春)を勝っていますが、内容はどちらもスタミナを要求されないレースでの勝利でしたし、大外枠を引いてしまったということで対抗評価にしました。

もう少し評価を下げたいところですが、想定よりも外枠が降りになるような馬場状態でもないですし、ハイレベルの有馬記念で4着だった内容を考えてもここでは力が一枚上でしょう。

馬券的なことを考えると、こういう馬を無難に対抗評価にすると当たっても意外と儲からないことが多いのですが、スタミナ勝負に持ち込まれてしまうと飛ぶこともありそう。

 

▲ユーキャンスマイル

雨予報になったので評価を下げようかと思っていたが、なんとか天気が持ちそうなので3番手評価にします。

菊花賞、ダイヤモンドステークスなど長距離で戦績を残しているものの、決して内容がいいものではなく、天皇賞(秋)やジャパンカップの方が見どころがあったので2000m前後の方がいいと思っていましたが、阪神大賞典でまさかの勝利。

阪神大賞典は展開に恵まれた面があるとはいえ、長距離適性がないと走れないレースなので、キングカメハメハ産駒の悲願をこの馬が達成してもおかしくない。

勝つには、じっくり乗る必要がありそうなので岩田騎手のほうが合っていた気がしますが

 

☆モズベッロ

前走は直線でミッキースワローが外に寄れて来なければ、もっと走れていたはず。

最内枠を引くことができたので、ロスのない競馬をすることができそう。

ただ、池添騎手がコースロスのないスムーズな競馬でGⅠを勝つイメージが湧かないので、4番手評価にしました。

 

△キセキ

前走の敗退はスタートと仕掛けのタイミングが悪かっただけ。

武豊騎手に変わるのは意外とよさそうですが、前回も復調するのに時間を要しましたし、もう少し待ってから狙いたい。

 

△ミッキースワロー

横山騎手でセントライト記念を制したものの、スタートがどんどん悪く。菊沢騎手に戻ってようやくスタートを出るようになったが、2走前からまたしても横山騎手に。

一昨年の天皇賞(秋)やジャパンカップの内容から、スムーズな競馬ができれば能力的には十分足りると思うのですが、なんとなくスタートを出ない気が…

 

△トーセンカンビーナ

不器用だが能力のある馬。阪神大賞典はそういう馬が活躍しやすいということで、本命を打っていましたが、キセキが前の馬を上手くつぶしてくれたというのも大きな好走の要因。

スタート出ないので、内が有利な条件になると厳しいと思っていましたが、土曜日の馬場を見ると意外と外差しも決まりそう。

展開の助けは必要になると思いますが、今の馬場なら抑えておきます。

 

△ダンビュライト

瞬発力がなく、持久力で勝負するタイプなので乗り難しいですが、展開には恵まれるでしょう。

上手く嵌まる可能性は高くないでしょう…

 

予想印

◎エタリオウ
〇フィエールマン
▲ユーキャンスマイル
☆モズベッロ
△1 キセキ
△2 ミッキースワロー
△3 トーセンカンビーナ
△4 ダンビュライト

 

買い方

買い方のポイント

◎エタリオウから△2ミッキースワローまでを厚めに。

馬連
◎-○▲☆△

3連複
◎-○▲☆-△