【2020青葉賞 レース予想】鞍上不安も◎ヴァルコスから勝負!

 

2020年5月2日(土)に東京競馬場、芝2400mで行われる青葉賞の予想です!

今年の青葉賞の主な出走予定馬は、フライライクバード、フィリオアレグロ、オーソリティ、メイショウボサツ、ディアスティマ、ヴァルコスなど。

 




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

青葉賞

 

ダービートライアルの名物レースである青葉賞。

名物とはいうものの、このレースが素晴らしいというわけではなく、ダービーの勝ち馬がまだ出ていないという皮肉めいたもの。ダービーと同じ舞台で行われ、そこそこ有力な馬がここからダービーを目指し、本番でも上位人気に支持されることもあったのですが、未だ勝てず。

今では、このローテでは勝てないことが浸透してしまい昔ほど有力馬が出てこなくなってしまいました。

勝てない理由についてはいろいろ言われているのですが、一番はレースの質が異なるからでしょう。

ダービーは「枠番」「位置取り」「騎手の腕」「瞬発力」などが求められるのですが、青葉賞はそういうレースにはならず、ダービーではいかにも瞬発力負けしそうなタイプが好走しやすいレース。

 

鞍上には大いに不安がありますが[text type=marker color=orange]本命は◎ヴァルコスにします。[/text]

未勝利戦を勝ち上がるのに3戦を要し、セントポーリア賞でも負けてしまいましたが、阪神2400mで行われたゆきやなぎ賞を快勝しており、能力がなかったわけではなく小回りの競馬や瞬発力勝負が合わなかったのでしょう。

ダービー本番では厳しいと思いますが、このレースはスタミナの問われるレースになりやすいですし、戦ってきた相手を考えてもここなら通用してもいいでしょう。

鞍上が重賞だとかなり頼りないので、頭は厳しい気もしますが馬券圏内なら。

 

対抗は○フィリオアレグロにします。

新馬戦は重馬場での競馬でしたが、タイムランクAでレッドルレーヴを抑えての勝利。共同通信杯は稍重競馬+外枠からの競馬ということでリズムを崩しながらの競馬になってしまいました。

最内枠というのはちょっと気になるところですが、東京の芝コースはとにかくルメールやレーンを買っておけば間違いでしょう。

血統的にも距離延長はこなせると思いますし、ディープインパクト産駒なので間隔を空けてきたのもプラスでしょう。

 

▲メイショウボサツ

この馬は中京での未勝利戦の内容と前走の大寒桜賞の内容が非常に優秀。

中京の中距離戦は瞬発力とスタミナの両方が問われる舞台なので、この舞台は合っているでしょう。

ただ、外枠からダラダラ外を走らされる展開になると厳しそうですし、想定より売れている感じがあるので3番手評価としました。

 

☆ディアスティマ

有利とは言えない大外枠を引いてしまいましたが、エンジンがかかるのが遅いこの馬にとっては内で包まれるよりも外から伸び伸びと走れたほうが良さそう。

隊列がある程度縦長になって、多少スタミナのかかる競馬にならないと見せ場なく終わることもありそうですが、負けたレースはすべて脚を余し気味でしたし、長い東京の直線はこの馬にとっていい方に働くかも。

 

△フライライクバードは内枠を引ければ高い評価をするつもりでしたが、外枠なのでこの評価。

ダービートライアルなので、当然権利を取りに来ないといけないレースですが、この馬に乗った時の福永騎手の騎乗を見ていると、「目先の権利」より「教育」を優先し外枠だと終始折り合いを気にした競馬になりそう。

阪神2400mで連戦してからの青葉賞はローテーション的にも厳しそうですし評価を下げました。

 

△ロールオブサンダーは田辺騎手&逃げということで押さえておく。

△オーソリティは人気面からも完全に軽視。一瞬の脚しか使えないタイプでヒューイットソン騎手との相性も良くなさそう。無印でもいいかと思いましたが、内で閉じ込められて追い出しが遅れるパターンになると好走してくるかも。

 

予想印

◎ヴァルコス
〇フィリオアレグロ
▲メイショウボサツ
☆ディアスティマ
△1 フライライクバード
△2 ロールオブサンダー
△3 オーソリティ

 

買い方

買い方のポイント
買いたい馬が上位3頭なのでその組み合わせは厚めに。

ワイド
◎-○▲

馬連
◎-○▲
◎-印

3連複(ボーナス)
◎-○▲-○▲☆△1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です