【2020青葉賞 レース展望】

 

2020年5月2日(土)に東京競馬場、芝2400mで行われる青葉賞のレース展望です!

今年の青葉賞の主な出走予定馬は、フィリオアレグロ、フライライクバード、オーソリティ、サトノフウジン、ディアスティマ、メイショウボサツなど。

 




こんばんは!


中央競馬ランキング

よろしければ応援クリックよろしくお願いします!

 

青葉賞 レース展望

 

レース傾向

ダービーと同じ舞台で行われる青葉賞ですが、未だにダービーの勝ち馬が出ていない。

というのも、ダービーというレースは枠順と立ち回り力が非常に重要になるレースなのに比べて、このレースは時計もかかり持久力が求められるレースになることが多い。

レースのポイント
瞬発力勝負にはなりにくく、しっかり最後まで脚を使える馬を狙いたい。




 

有力馬考察

 

フィリオアレグロ

重馬場で行われた新馬戦でレッドルレーヴに0.1差をつけて、タイムランクAでの完勝。

共同通信杯では負けてしまいましたが、低レベルなレースで前残りを許した形だったので気にすることはないでしょう。

血統的にも多少スタミナの要求される青葉賞は向いているでしょう。

 

フライライクバード

新馬戦を勝ち上がるのに4戦を要してしまいましたが、初戦、2戦目と負けた相手は1勝クラスを勝ち上がっていますし、3戦目は外枠スタートだったため前に壁を作れず、終始折り合いを気にして、ズルズルポジションを下げ、最後は外から。「これぞ福永騎手の教育競馬!」と言わんばかりの競馬で脚を余してしまいました。

休みを挟んだ未勝利戦では、スタートで躓くシーンがあったものの、外から行きたい馬を行かせてその後ろにつくこれまた福永騎手らしい競馬で完勝。

アザレア賞は低レベルなメンバーでしたが、躓くシーンがありながらしっかり伸びて能力が求められる阪神2400mで2連勝。

これまでのレースぶりを見る限り、内枠を引いて前に壁を作って競馬ができればいいレースができそうですが、外枠ならマイナス。

スローペースだったとはいえ阪神2400mを2回使ってから東京2400mというローテーションは若馬には厳しそう。

 

オーソリティ

ホープフルステークスと弥生賞は4コーナーでの勢いこそあったものの、最後は止まってしまった。

一瞬の脚を使えるタイプに見えるので、小回りコースの方が向いていそうで、東京コースは合わなそう。

 

 

現時点での見解

ここはレーン騎手が鞍上のフィリオアレグロが順当に好走してきそうなので相手を工夫したい。

現時点で狙っている穴馬↓


中央競馬ランキング

(ブログランキングページのブログ紹介欄に載っています。登録したばかりなので探すのが大変かもしれませんがクリックよろしくお願いしますm(__)m)

こんな風になっています↓
(100位くらいにいます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です