【2020東京スプリント 予想】◎ジャスティンの逃げきりに期待!

 

2020年4月8日(水)に大井競馬場、ダート1200mで行われる東京スプリントの予想です!

今年の東京スプリントの主な出走予定馬は、コパノキッキング、ジャスティン、ヤマニンアンプリメ、ブルドックボス、サブノジュニア、ノボバカラなど。




 

こんばんは!

今回は地方交流競走の東京スプリントを予想していきます!

今後は地方競馬も積極的に予想します(^O^)/

東京スプリント 予想

大井競馬場で行われる東京スプリント。

そういえば、昨年は仕事終わりに藤田菜七子騎手の重賞初制覇が見れるかもしれないと、どちゃぶりのなか見に行ったんですよね。

馬の写真も取ったのですが、ほとんどピンボケしていてまともな写真がこんなのしかありませんでした(笑)

仕事終わりにサクッとナイター競馬を見に行けるような、日常に戻って欲しいですね。

 

少し脱線してしまいましたが、今年の東京スプリント。1200mがベストのコパノキッキング、JBCを制したヤマニンアンプリメ、ブルドックボス、上がり馬のジャスティンとダート1200mとはいえ豪華メンバーが揃ったのではないでしょうか。

 

本命は[text type=marker color=pink]◎ジャスティン[/text]

前日のブリリアントカップも逃げたワークアンドラブが3着に残り、前残り決着。

他のレースをみても、外差しの決まるような馬場ではないので前に行った馬が有利でしょう。

ジャスティンは前走こそ3番手から競馬をして勝ち上がりましたが、3走前は大外枠から逃げて重賞でも活躍できそうなレッドルゼルを相手に逃げ切り。

今回のメンバーを見渡すと、コパノキッキングくらいしかこの馬のスピードについてこられる馬はいない。

コパノキッキングはこの枠からなら無理に逃げる戦法は取って来ないと思いますし、最内枠からならスムーズにハナを奪えるでしょう。

 

対抗は○コパノキッキング

JBCスプリントでは伏兵のブルドックボスの強襲を受けて負けてしまいましたが、JBCデーは浦和競馬場にしては差しの決まるコンディションで58kg。根岸ステークスでも、先行して厳しい競馬をしながらモズアスコットの2着。

今回は得意の1200mに戻りますし、57kgで走れるのなら疑う必要はないでしょう。

 

3番手は▲ヤマニンアンプリメ

前走JBCレディスクラシックを制しましたが、ベストは1400mではなく1200mでしょう。

休み明け、斤量増、内枠と楽ではない条件がそろったので3番手評価。




 

予想印

◎ジャスティン
〇コパノキッキング
▲ヤマニンアンプリメ
△1キャンドルグラス
△2ノボバカラ
△3サブノジュニア
△4ブルドックボス

 

買い方

買い方のポイント
◎ジャスティンの頭と○コパノキッキングとの2頭軸を中心に買う。

単勝 ◎

馬単 ◎→○▲

3連複 ◎-○-印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です