【2020フラワーカップ レース展望】




2020年3月20日に中山競馬場、芝1800mで行われるフラワーカップのレース展望です!

今年のフラワーカップの主な出走予定馬は、レッドルレーヴ、シーズンズギフト、ミアマンテ、クリスティ、ポレンティア、フラワリングナイトなど。

レース傾向

桜花賞への最後のステップとなるフラワーカップ。

短距離適正が高い馬は先週のアネモネステークスやフィリーズレビューにいきますし、そもそも中山1800mはスローペースになりやすいということで、このレースは逃げ、先行馬が圧倒的に有利。

先週、先々週と雨の中競馬が行われたことで外差しの効く馬場になっていましたので今年は意外と差しが決まるかも。

 

レースのポイント

スローペースになりやすく、逃げ・先行が決まりやすいレースですが、今年は馬場が悪く外差しの決まりやすい馬場なので傾向がガラッと変わるかも。




 

有力馬考察

 

レッドルレーヴ ▲~△

新馬戦はフィリオアレグロに負けてしまいましたがハイレベルなレースで上がり最速。

未勝利戦は1000m通過が59.7とこの時期の中山2000mではハイペース過ぎる流れになり、レース上がりは37.7かかりましたがタイムランクはB。

レースぶりを見る限り、揉まれても大丈夫で操縦性、レースセンスが共に高いので今の馬場は味方にならなそう。

ヒューイットソン騎手ですし、馬場を考えると内枠なら大きく評価を落としたい。

 

シーズンズベスト ☆~△

若竹賞はレース前半でかかるそぶりも見せましたが、4コーナーで反応よく加速して前を捉えてあっさり勝ち上がり。

福島のデビュー戦、若竹賞とどちらも上がりのかかる競馬で2連勝を決めたので今の馬場は向いていそうですが、反応がいいタイプなので極端な外差し馬場はそれほどいい気が…

早めに抜け出して最後何かに差されるというイメージがあります。

 

ミアマンテ ◎候補

良血馬で連勝中ということで嫌いたくなるタイプではあるのですが、この馬は買ってみたい。

新馬戦、ベゴニア賞と2走続けて重馬場で好走。

新馬はタイムランクEでしたし相手も弱かったですが、不良馬場なのに内が有利だったジャパンカップデーに行われたベゴニア賞では朝日杯でも6着に好走したジュンライトボルトを外から楽々差し切り勝ち。

小柄な牝馬ですが力のいる馬場は合っていますし、丸山騎手というのも過剰人気にならず合っていると思います。