【2020京都牝馬ステークス 予想】枠順も条件もいい◎シゲルピンクダイヤから!




2020年2月22日(土)に京都競馬場、芝1400mで行われる京都牝馬ステークスの予想です!

今年の京都牝馬ステークスの主な出走予定馬は、シゲルピンクダイヤ、ドナウデルタ、アルーシャ、ビーチサンバ、サウンドキアラ、プールヴィルなど。

 

本命は[text type=marker color=pink]◎シゲルピンクダイヤ[/text]

1400mは未経験ですが、昨年の3歳牝馬の王道路線を走り切ったことを考えるとここでは能力上位。

時計がかかり外差しが決まる馬場での競馬ならばこの馬が差し込んで来れるでしょう。

 

対抗は○ノーワン

フィリーズレビューから成績を残せていませんが、今回は時計のかかる馬場での1400mと好走できる条件がそろいました。

前走の阪神カップもスタートで出遅れて、取り付くのに多少脚を使ってしまいましたし、勝負所で前が壁になるようなシーンもありました。

外枠からスムーズな競馬ができればここで通用してもいいでしょう。

 

▲ドナウデルタ

良血で3連勝中と人気を被る要素が揃っているので買いたい!というタイプではないのですが、今回と同条件で行われた前走の石清水ステークスの内容は良かったですし、競馬がしやすい枠を引くこともできました。

 

☆リナーテ

内枠を引いてしまったというのは気になりますが、昨年このレースで好走していますし時計のかかる1400mというのはこの馬に合っているはず。

 

 




 

予想印

◎シゲルピンクダイヤ
〇ノーワン
▲ドナウデルタ
☆リナーテ
△1 プールヴィル
△2 アマルフィコースト

 

買い方

買い方のポイント
◎シゲルピンクダイヤの単勝と○ノーワンとのワイドが本線。

単勝 ◎

ワイド ◎-○☆

馬連 ◎-印

3連複 ◎-○▲☆-○▲☆△

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です