【2020フェブラリーステークス 予想】




2020年2月23日(日)に東京競馬場、ダート1600mで行われるフェブラリーステークスの予想です!

今年のフェブラリーステークスの主な出走予定馬は、インティ、モズアスコット、サンライズノヴァ、アルクトス、ヴェンジェンス、ノンコノユメ、デルマルーヴル、ワイドファラオなど。

今年最初のGⅠフェブラリーステークス。

ダート王決定戦という位置付けになっていますが、東京ダート1600mというコースが中々の癖もの。

スタミナを生かして前々で競馬をする馬が有利になる1800mに比べて、東京のダートコースは砂質も軽くスピードが出やすい上に直線が長いので差しも決まりやすい。

中距離路線で活躍してきている馬の方が人気になりやすいレースですが、スピードや瞬発力があるタイプを狙いたい。

予想のポイント

東京マイル戦はダートでも瞬発力が求められる。

 

本命は◎ヴェンジェンス

この馬がこのオッズで買えるなら素直にこの馬が本命でいいでしょう。

東海ステークスは大外枠からのスタートでダラダラと長い距離を走らされてしまいましたし、ややかかるような素振りも見せていました。

それでも先に抜け出したエアアルマスを最後まで追いかけてゴール前まで差を詰めてきました。

東京コースは2歳時のオキザリス賞以来ですが、みやこステークスを見る限り砂を被るような競馬になっても大丈夫ですし、長くいい脚を使えるので東京コースは向いているでしょう。

対抗◯モズアスコット

前走の根岸ステークスでは初ダートながらルメール人気になっていたので嫌ってしまいましたが、出遅れてから出していくロスの大きい競馬をしながら、4コーナーでは外からグイグイ伸びてきて1着。

今回の1600mは芝スタートになりますし、砂を被りにくい外枠を引けたのもプラス。

この馬自身連闘で安田記念を勝ちましたし、フランケル産駒はいいときに間隔を詰めた方がいいのでしょう。

これは来るルメールだと思いますが、尽く今年は裏目を引いているのが…

 

▲ワンダーリーデル

東京1600m適正を考えるとこの馬は馬鹿にされすぎではないでしょうか。

前走の根岸ステークスは見せ場のない8着に映りましたが、上がりはモズアスコットと同じ34.7。

昨年のフェブラリーステークスは9着に負けてしまいましたが、柴田大知騎手でしたしアハルテケステークスと武蔵野ステークスでは上がり最速を使い完勝。

大外枠もこの舞台なら不利にはなりませんし、叩き2走目で上積みもありそうです。

 

☆ミッキーワイルド

前走の根岸ステークスは得意舞台での競馬だったので不満の残る競馬ではありましたが、休み明けでしたし、合うイメージの無かったデムーロ騎手とのコンビも良くなかったのでしょう。

プロキオンステークスではアルクトスに負けてしまっていますが、アルクトスの方は内が有利な中京のダートでロスのない立ち回りをしていたのでこちらの方が劣るということはない。

休み明けをひと叩きして、鞍上も戻して来たのでここで一変があっても。

△インティ

昨年のこのレースの覇者で、チャンピオンズカップではクリソベリル、ゴールドドリームに次ぐ3着と実績はNo. 1。

前走は逃げない競馬を試して3着と好走しましたし、展開にも恵まれそうなのですが今年はこのくらいの評価。

昨年のフェブラリーステークスはスタートからかなり楽にハナを奪えましたし、スローとはいえ極端にラップを落とさないという完璧な競馬が出来ていました。

それでも最後は12.4かかりゴールドドリームに差を詰められてしまいましたし、6歳になり昨年よりも能力を落としている印象。

もちろん今年も逃げが上手な武豊騎手が乗りますし、ゴールドドリームほど強い馬もいないので逃げ切る可能性もありますが、よほどいいペースで逃げないと瞬発力負けやスタミナ切れを起こしそう。

オッズと比較して期待値はそれほどないのではないでしょうか。

 

△アルクトス

前走の南部杯ではサンライズノヴァに負けてしまいましたが、ゴールドドリームでも差し損ねたほどのレースでこれは単純に位置取り負けでしょう。

1600m以下ならパーフェクト連対と安定感もありますし、この枠から前の馬が有利な展開になれば。

 

△ワイドファラオ

ユニコーンステークスでの走りを見ると高く評価したくなるのですが、スピードに任せて逃げるくらいの思い切った騎乗をしないとキレ負けしてしまいそう。

インティを軽視したのでこちらもこのくらいの印に。

 

△タイムフライヤー

不器用だがスタミナと瞬発力を両方持ち合わせているタイプですし、武蔵野ステークスで好走しているのでこのコースへの適正は高そう。

ハイペースになってくれればチャンスはありそうですが、消耗戦になるほどハイペースにはならなそうですし、フォーリー騎手ということありこの評価。

 

△キングズガード

ポジション取りが後ろになってしまう致命的な欠点はあるのですが、操縦性は高く馬群を縫うように追い込んで来れる。

やってみないとわからないタイプなので、人気がないなら抑えておきたい。

 

△モジアナフレイバー

今年のメンバーくらいなら通用してもおかしくないのですが、スピードが要求されるこの舞台はやや厳しそう。

一応抑えておきますが、地方馬の応援くらいの軽い気持ちで。

 



 

予想印

◎ヴェンジェンス
〇モズアスコット
▲ワンダーリーデル
☆ミッキーワイルド
△1 インティ
△2 アルクトス
△3 ワイドファラオ
△4 タイムフライヤー
△5 キングズガード
△6 モジアナフレイバー

 

買い方

買い方のポイント

◎ヴェンジェンスと◯モズアスコットの組み合わせは厚めに。

単勝 ◎

馬連、ワイド ◎-◯

ワイド ◎-◯▲

馬連 ◎-印

3連複 ◎-◯▲☆-◯▲☆△