【2020きさらぎ賞 レース展望】




 

こんばんは!

すこしブログをさぼり気味だったのですが、今週から気合を入れてブログを更新していこうと思います!

ということで、きさらぎ賞に出てくるメンバーの前走を見直しているんですが、デアリングタクトはエルフィンステークスに行ってしまうんですかね?

この馬が出てきてくれれば馬券的に楽しめるレースになると思うのですが…

 

2020年2月9日(日)に京都競馬場、芝1800mで行われるきさらぎ賞のレース展望です!

今年のきさらぎ賞の主な出走予定馬は、アルジャンナ、ギベルディ、グランレイ、サトノゴールド、ストーンリッジ、トゥルーヴィルなど。

 

レース傾向

この時期にマイルではなく1800mで行われることで、クラシックを目指す馬達が揃う出世レースだったが、近年は少頭数になることが多くなりスター候補の馬が1頭出るかどうか。

全体的なレベルは下がっても、時計が出て立ち回り力が求められる馬場だったときはサトノダイヤモンドやルージュバックといった馬達がしっかり結果を残しましたが、今の京都はクラシックで問われる適性とは全く異なる非常にタフな馬場状態。

素質云々も大切ですが、シンザン記念のようにいいところを通った馬が勝つようなレースになるのではないでしょうか?

 

レースのポイント

・クラシックへの前哨戦としてふさわしくないレースになりつつある。・この時期の競馬ですが、コース取り、枠順、展開などで大きく結果が変わりそう。

 




 

有力馬考察

 

アルジャンナ

デビュー戦前から評判が高く、注目された新馬戦は5頭立ての競馬で気性面の幼さを見せる場面もありましたが、軽く仕掛けられただけで外からあっさり前を交わし去りました。

2走目の東京スポーツ杯では前走ほど気性の幼さを見せることなく後方からの競馬。

結果的には、コントレイルに突き放される形になってしまいましたがこの馬自身の走破タイム1.45.3という時計も相当優秀。

馬場に対する不安がささやかれていますが、器用なタイプではないので今の力のいる馬場の方が取りこぼす可能性は低そう。

新馬戦は相手が弱すぎましたし、東京スポーツ杯デーはおかしいくらい時計のでる馬場で競馬が行われたので、過大評価されすぎな気も….

 

ギベルディ

有馬記念デーに行われた中山マイルの新馬戦でデビュー。

スタートを決めてスッとハナを奪ったところで外から被されて、ハナを譲りましたがそれでもそれほどエキサイトするようなところも見せず、4コーナーでは外に進路を取り直して楽々先頭。

いくらスローだったとはいえ、力のいる馬場で逃げ切ったというのは今回のレースではプラスになりそうですが、負かした2.3着だった馬はその後未勝利戦で全く通用しておらずレースレベルは疑わしい。

大型馬なので一度叩いた上積みに期待したいところですが、オルフェーブル産駒ですし信用しない方が…

 

グランレイ

今回と同条件の新馬戦はスタートからハナを奪って行きましたが、そこからずっと騎手と喧嘩し続けての3着で条件が合わなかったというよりは完全に自滅する形で全く力を出し切れていませんでした。

未勝利戦は距離短縮とハミをリングハミに変えたことで、初戦よりレースぶりがまともになり4馬身差をつけての快勝でした。
相変わらず、頭の高い不格好な走り方でしたが…

朝日杯でも口向きの悪さや、気性の悪さを見せるところがありましたが展開が向いたとはいえ、朝日杯であれだけの脚を使えたというのは能力のある証だと思いますし、ゴール前の走り方は今までよりかっこよく見えました。

ハイペースのマイル戦からの距離延長で少頭数でスローペース濃厚という条件はやや厳しそうですが、能力を出し切れれば。

 

サトノゴールド

いかにもゴールドシップ産駒というイメージの馬で、とにかくズブい。

新馬戦は1000mの通過が1.06.7という超スローからロングスパート勝負の競馬で勝利。

札幌2歳ステークスは大きな出遅れから最後方を追走し、ムチを入れてもなかなか反応せず、大外をぶんまわす形の競馬になりながら、最後までじりじりと伸びて2着。

今の京都の馬場を考えると、こういうずぶくても最後まで走れる馬を狙いたくなるのですが、札幌2歳ステークスというのは基本的にどの馬も体力がつききっていない時期に行われているので通用しただけということも。