【2020愛知杯 レース展望】




 

2020年1月18日(土)に小倉競馬場で行われる愛知杯のレース展望です!

今年の愛知杯の主な出走予定馬は、センテリュオ、パッシングスルー、サラキア、アロハリリー、フェアリーポルカ、アルメリアブルームなど。

 

レース傾向

京都競馬場の開催に伴い、中京競馬場の開催日程が変わるので今年は小倉競馬場で行われる愛知杯。

愛知杯というとGⅢのハンデ戦で、メンバーが揃わず本当にGⅢレースなの?と聞きたくなるようなメンバーになることが多く、例年通り今年もエリザベス女王杯組以外は、かなり低レベルなメンバー。

この時期の小倉競馬の馬場がどのような感じなのかわからないので、土曜日にやるというのは完全にブロガー泣かせですが、とりあえずJRAさんが金曜日に出す馬場の情報と写真を見て予想を組み立てようと思います。

 

レースのポイント
・今年は小倉開催なので、過去の傾向はあてにならない。
・馬場状態がカギになりそうですが、読むのは…




 

有力馬考察

 

センチュリオ

前走のエリザベス女王杯はスタートから行き脚は良くなかったのですが、スローペースの中外からスッとポジションを上げていつの間にか3番手。

結果的にスローペースで前と内が有利なレースになったのであまり高く評価したくないですが、右回りならどんな条件でも崩れていませんし、今回のメンバーなら力は上。

 

パッシングスルー

前走の秋華賞は大外枠からの先行しましたが、ポジションを取るまでにロスが大きかったですし先行馬には厳しい流れになりました。

紫苑ステークスを早い時計で勝っていますが、多少力のいる馬場や坂があった方がいいタイプだと思うので小倉競馬が合うかは微妙。

夏の小倉のように外差しの決まる馬場ならいいですが、平坦のスピード競馬になると厳しいかも。

 

サラキア

前走のエリザベス女王杯は直線で前がふさがってしまいブレーキをかけるロスがあったのは残念でしたが、大外枠からうまく内に入れられましたし、スローペースの競馬もあっていました。

徐々に競馬が上手になってきていますが、右回りの小回り競馬には不安がありますし、2走前のオクトーバーステークスの内容を考えると、よほど展開が向かないと厳しいのではないでしょうか。

 

アロハリリー

前走の福島記念は時計のかかる競馬だったので、それほど気にしないでいいとは思うのですが、そもそも1000万条件から勝ったレースはすべてタイムが遅く、評価できるものではない。

小倉競馬場は(2.1.0.0)と非常に得意にしている舞台なので、軽視し過ぎないほうがいいかもしれませんが、今回は先行したい馬も揃っているのでやや厳しいのでは?

 

[text type=marker color=pink]フェアリーポルカ ※穴候補[/text]

秋華賞での大敗はイマイチわからないところですが、時計のかかる競馬よりも軽い馬場での競馬の方が向いていそう。

フローラステークスでは不利な大外枠から一瞬見せ場を作りましたし、紫苑ステークスではカレンブーケドールに先着。

前走の大敗で人気を落とすようなら狙ってみる価値はありそう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です