【2019朝日杯フューチュリティステークス レース展望】

 

レース展望

 

2019年12月15日に阪神競馬場、芝1600mで行われる朝日杯フューチュリティステークスのレース展望です。

今年の朝日杯フューチュリティステークスの主な出走予定馬は、サリオス、レッドベルジュール、タイセイビジョン、ペールエール、ラウダシオン、ビアンフェなど。

 

朝日杯フューチュリティステークス レース傾向

 

年末に行われる2歳チャンピオン決定戦である朝日杯フューチュリティステークス。

2014年より中山から阪神競馬場に開催場所が変更に。

中山で行われていたころは特殊なコースだったこともあり、出世馬が出にくいレースでしたが、阪神競馬場に移され活躍馬が出るように。

ただ、年末に2000mのホープフルステークスができたので長い距離を走れそうな馬はそちらを選ぶようになったので、クラシックというよりも将来的にもマイルが良さそうなタイプが揃うレースになりました。

今年の阪神ジュベナイルフィリーズがレコードタイムで決着したように、時計が出やすく内・先行馬が有利な馬場になっているので、枠順やポジション取りが例年以上に大切になってきそうです。

 

有力馬考察

 

サリオス

新馬戦で馬を見た時に、それほどパドックを見慣れていない私ですらこんな状態で走れるのと思ったほど。

※新馬戦のサリオス

それでもレースに行くと、スローの競馬でもしっかり折り合いをつけて直線入り口でスッと反応し、後にこうやまき賞を勝つアブソルティスモをあっさりを交わし去りました。

そして圧巻だったのは一休みを挟んだサウジアラビアロイヤルカップ。

前走時計的な裏付けがなかったので、半信半疑の部分もあったのですが好位のポジションを確保すると、外から伸びてきたクラヴァシュドールと併せるような形になってからグイグイ加速して最後には0.2差をつけてのゴールで1.32.7というレコード勝ち。

前走の時点でもまだまだ馬体が緩い感じがありましたし、スピード競馬にも対応できて瞬発力もあるのでここは人気でも信頼できるのでは?

 

レッドベルジュール

新馬戦はシルヴェリオ、リメンバーメモリーと豪華なメンバーが揃いましたが、1000m通過が1.04.7という超スローの競馬。

この馬のレースぶりもスタートをポンと決めて、折り合いを欠きながら外めの2番手を追走して、なんとか直線で逃げたメイショウボサツを交わしたという内容で決して高く評価できるものではありませんでした。

(後に2着のメイショウボサツはレコードで未勝利戦を勝ち上がり、3着、4着、8着馬も未勝利を勝ち上がり)

デイリー杯2歳では新馬戦とは一転して、後方からの競馬になりましたがサクセッションが早めに仕掛けたことでじっとしていて上手く内を突く競馬が上手く嵌まった感じも。

スミヨン騎手なので怖さはありますが、喉なりという情報もありますし、今の阪神の時計に対応できるかが不安。

 

タイセイビジョン

1200mの函館2歳ステークスでは道中でやや置いて行かれた感じで、ビアンフェに逃げ切られてしまいましたが、距離延長で臨んだ京王杯2歳ステークスでは終始楽な手ごたえであっさり前を捕まえました。

1400mからの距離延長になりますが、今の阪神ならスピードがある方がいいと思いますしルメール騎手からの乗り替わりで人気が落ちるようなら狙い目はあるのではないでしょうか。

 

現時点で狙ってみたい馬!

 

ペールエール

新潟2歳ステークスはスローの決め手勝負に強いウーマンズハートに負けてしまい、前走のデイリー杯ではサクセッションの早仕掛けに巻き込まれてしまい失速。

それでも3着まで残していますし、レースセンスもいいタイプ。

阪神JFを勝ったレシステンシアと同じダイワメジャー産駒ですし、内枠を引いてスッと先行できれば。