【2019カペラステークス レース展望】

 

カペラステークス レース展望

2019年12月8日に中山競馬場ダート1200mで行われるカペラステークスのレース展望です!

今年のカペラステークスの主な出走予定馬は、コパノキッキング、ゴールドクイーン、ドリュウ、ヒロシゲゴールド、タテヤマ、シュウジなど。

 

レース傾向

中央競馬で唯一のダート1200mの重賞レース。

スピードに自信のある快速馬が多数出てくるのでハイペースになりやすいレース。

中山1200mということもあり、外枠の差し馬をシンプルに狙えばいいレースだと言えそうですが、距離ロスなく逃げた馬だけは残ることも多いのでハナを切れそうな馬には注意が必要でしょう。

 

有力馬考察

 

コパノキッキング

昨年このレースを制していますし、ダートの1200m戦ならば今回のメンバーでは能力上位。

スタートも段々良くなってきていますし、ハナにこだわらなくてもいいタイプなのでレースはしやすそう。

藤田菜七子騎手の重賞初制覇がかかっているので、単勝は相当売れてしまいそうですが外枠さえ引ければ有力な1頭でしょう。

 

ゴールドクイーン

先行したいメンバーはそろいましたが、おそらくこの馬がハナを切りそうですし逃げ馬の中ではこの馬が最も強いでしょう。

すんなりハナを奪えれば逃げきりまでありそうなので、枠順しだい。

 

ヒロシゲゴールド

条件戦の3連勝は好内容でしたが、その後は勝ちきれていません。

自分のペースで走れないと脆いタイプなので、先行が激化しそうな今回は厳しいのではないでしょうか。

 

現時点で狙ってみたい馬!

 

ハニージェイド

前走で条件戦を卒業したばかりですが、前走の末脚は見所がありました。

1200mでじっくり脚を溜める競馬ができれば、差し込んで来れそう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です