【2019阪神ジュベナイルフィリーズ レース展望】

 

こんばんは!

自分のブログをスマホで見ることがなかったので、ついさっきまで気付かなかったのですが、広告がおかしなことになっていました(>_<)

見に来ていただいた皆様ごめんなさい。

一応、直したのですが端末によって表示のされ方が異なるのでしょうか?

もし、おかしなところがありましたら教えていただけると嬉しいです(>_<)

 

レース展望

 

2019年12月8日に阪神競馬場、芝1600mで行われる阪神ジュベナイルフィリーズのレース展望です。

今年の阪神ジュベナイルフィリーズの主な出走予定馬は、リアアメリア、ウーマンズハート、クラヴァシュドール、レシステンシア、ヤマカツマーメイド、クリスティなど。

 

レース傾向

 

2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズ。

朝日杯とは異なり、この後の王道ローテーションであるチューリップ賞、桜花賞が同じ舞台で行われることもあり今後を占う意味でも非常に重要な1戦。

このレースの特徴としては、能力を発揮しやすい阪神外回りの1600mで行われるので差しも決まりやすく能力を発揮しやすい。

過去5年間の成績を見ても、穴馬で好走したのは2015年のウインファビラスくらい。

荒れることも少ないので展開や枠順など細かいことを考えるのではなく、シンプルに一番強い馬を狙えばいいのではないでしょうか。

 

有力馬考察

 

リアアメリア

デビュー前から注目を集めていた馬で、活躍馬を輩出しやすい阪神開幕週の新馬戦でデビュー。

新馬戦では1.2倍の支持を受け、かなり荒削りな競馬内容ではあったものの8馬身差の快勝。
次走のアルテミスステークスも出遅れて最後方から大外に持ち出す大味な競馬ではありましたが、2着だったサンクテュエールよりも0.6早い33.0の上がりを使っての差し切り。

倒してきた相手こそ弱いものの、まだまだ能力の底を見せておらずどれほど強いのか楽しみではありますし、先週のクリソベリルのようにあっさり壁を可能性もあるのですが、2走続けての出遅れや道中首を振るそぶりを見せていたのはやはり不安材料。

阪神1600mというコースは合っていると思うのですが、先週はかなり早い時計が出ていて内・先行が有利な状態になっていたので先週のような馬場状態だとより厳しくなりそう。

 

ウーマンズハート

新潟1600mでのデビュー。

新馬戦らしく1000mの通過が1.03.5とスローの競馬になりましたが、この馬は中段外目から伸びてきて上がり32.0というハープスターを思い出させるような強烈な末脚で差し切り。

新潟2歳ステークスも新馬戦同様、中段外目から伸びてきましたが新馬戦よりも真っすぐ走れていましたしゴール前までしっかり走り切れていました。

凄くいい末脚を使える馬ですが、スタートセンスがありポジションを取れるというのは強みでしょう。

内にもたれる面があるので右回りへの不安はありますが、力を出し切れば当然有力だと思います。

 

クラヴァシュドール

阪神の新馬戦でいきなり上がり33.1を使えていたので、サウジアラビアロイヤルカップでも注目していたのですが惜しくも2着。

ただ、これは勝ったサリオスが強すぎただけで33.1の上がりを使い1.32.9という時計で走ったことを考えればこの馬も相当強い。

 

レシステンシア

ここまで2走とも1400mで、前走ファンタジーステークス勝ちなので嫌いたくなるパターンではあるのですが、この馬には注目してもいいかもしれません。

ファンタジーステークスは昨年こそダノンファンタジーが優勝しましたが出世馬がほとんど出ないレースなのですが、今年は頭数がしっかり揃い決着タイムもタイムランクBであり馬場差を考慮すると優秀な時計。

今の阪神の馬場を考えれば、少しくらいスピードがくらいあった方が良さそう。

 

 

現時点で狙ってみたい馬!

 

クラヴァシュドール

このレースは強い馬が好走しやすいレースですし、捻る必要はなさそう。

阪神コースで実績もありますし、早い時計にも対応できそうなので一番信用できるのはこの馬なのではないでしょうか。