【2019エリザベス女王杯 予想】


こんばんは!

すみません。

本日法事がありちょっと時間がないのでGⅠではありますが、予想分がちょっと物足りない感じになってます。

予想自体には時間をかけていますし、冠婚葬祭のときは当たるイメージがありますし、エリザベス女王杯は比較的相性のいいレースです!



2019年11月10日(日)に京都競馬場、芝2200mで行われるエリザベス女王杯の予想です!

エリザベス女王杯の主な出走予定馬は、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユー、ラッキーライラック、スカーレットカラー、クロコスミア、ウラヌスチャームなど。



本命は◎クロノジェネシスにします。

この馬はアイビーステークスでの走りを見てから今年の3歳牝馬の中でも相当強い馬だと思っていた一頭。

春はなかなかレース恵まれずにGⅠ制覇には届きませんでしたが、桜花賞もオークスもしっかりと好走はしてきました。

秋華賞は+20kgと大幅に馬体を増やしてきて、春よりさらにパワーアップしていましたし、外回り2200mは合っていそう。



対抗○ウラヌスチャーム

近走は結果を出せていませんが、クイーンステークスは休み明けでしたし、コース取りの差を考えれば、今回人気になっているスカーレットカラーよりもいい競馬ができていました。

前走も前残りの展開の中、前が壁になるシーンがあり脚を余しました。

今の時計がかかる京都の馬場は合っていそうですしマーフィー騎手もこの馬で一度勝っているので、早めに動いて長くいい脚を生かす競馬が出来ればチャンスもあるはず。



▲センテリュオ

この馬の激走にも期待してみたい。

前走は大外枠から初めての左周りの競馬でしたし、多少目をつぶることが出来そう。

京都は最も得意な舞台ですし、この人気でルメールを買えることなんてなかなかない。

ノーザンファーム、キャロット、ディープインパクト産駒と走りそうなバックグラウンドも揃っています。



☆クロコスミア

展開的に恵まれそうなこの馬にもチャンスがありそう。

エリザベス女王杯で穴をあけるパターンは前に行った馬であることが多いですし、この馬自身このレースで2年連続で好走しています。

スミヨン騎手、マーフィー騎手と早く動く騎手がいるので早めに来られてしまうと厳しくなりそうですが、楽逃げが出来れば残れる能力はある。



△ラヴズオンリーユー

オークスの走りを見て、今の京都の馬場ならいかにも外差しが決まりそうですが、爪の不安があって秋華賞を使えなかったのは大きなマイナス要素。

鞍上込みでいいときの走りができればあっさりまでありますが、1番人気で積極的に買うタイミングではないのではないでしょうか。



△フロンテアクイーン

走っても走っても人気になりませんが、能力が足りないわけではなく乗り難しいだけ。

長くいい脚を使うのではなく一瞬の早い脚を上手に使うことが出来ればここでも通用してもおかしくない。

津村騎手もあっていそう。



△ポンデザール

未勝利戦を勝って休みを挟んでから一気に馬が成長。

長距離で上がりのかかる馬場で3連勝を決めましたし、丹頂ステークスはタイムランクAの優秀な時計での勝利でした。

ムーア騎手を乗せようとしていたほどなので、陣営は期待しているのでしょうし、時計のかかる外差しの決まる馬場で、外国人騎手が早く動き出すような展開になれば、チャンスはありそう。



×サラキア

不器用で春は成績を出せなかったですが、スタートが安定して前に行けるようになったことで成績が安定してきました。

好走した3レースが前に行った馬に有利な展開になったので、過大評価はできませんが、川田騎手ですし楽にポジションを取って競馬ができれば。



×スカーレットカラー

ここ3走は展開が嵌まってのもので、近走着順だけで人気になっている印象を受けるので本当はもっと軽視する予定だったのですが、外枠を引けましたし今の京都の馬場で前が潰れる展開になれば突っ込んで来れるかも。

妙味はないと思いますが。。。



×ラッキーライラック

今回のエリザベス女王杯で嫌うならこの馬でしょう。

この馬はレースセンスはありますが、使える脚が短いので早めに動きがちなスミヨン騎手は合わなそうですし、時計のかかる馬場で2200mは距離が長そう。

外枠なら迷いなく消しだったのですが、内枠を引けたので一応印は回します。

予想印



◎クロノジェネシス
○ウラヌスチャーム
▲センチュリオン
☆クロコスミア
△ラヴズオンリーユー
△フロンテアクイーン
△ポンデザール
×サラキア
×ラッキーライラック
×スカーレットカラー

買い方



馬連

◎-○▲☆

3連複

◎-○▲☆-印