【2019武蔵野ステークス 予想】


武蔵野ステークス 予想



2019年11月9日(土)に東京競馬場、ダート1600mで行われるGⅢ武蔵野ステークスのレース展望です!

今年の武蔵野ステークスの主な出走予定馬は、エアアルマス、サンライズノヴァ、グルーヴィット、デュープロセス、カフジテイク、タイムフライヤーなど。

チャンピオンズカップの前哨戦である武蔵野ステークス。

中京1800mとは大きく異なる東京1600mで行われるレースで、スピードと瞬発力が求められるのでコテコテのダート馬ではないタイプを狙いたい。



本命は◎エアアルマス

素直にダートに変わってから負けなしの3連勝で勢いのあるこの馬から。

未知な部分も多く内枠を引いてしまいましたが、枠の並びを見る限りドリームキラリをスッと行かせてなんとか外目の2~3番手につけることはできそう。

力を出し切れればここも通過点でしょう。



対抗は○デュープロセスにします。

3歳馬のダート界の最強決定戦といえるユニコーンステークスでは高速ダートでワイドファラオにハナ差で負けてしまいましたが、レコード決着でしたしワイドファラオの次走を見る限り古馬相手でも通用する能力があるはず。

前走の負けは案外でしたが、休み明けで大幅に馬体重が増えていましたし叩いての上積みはありそう。



▲マジカルスペル

前走はただでさえ短い1400m戦で出遅れてしまい、馬郡に取り付くまでに相当の脚を使ってしまった。

1600mへの距離延長はプラスになるはずですし、内田騎手が上手に乗ってくれさえすれば。



☆ワンダーリーデル

前走は後方外から最後までしっかり伸びてきての3着と内容はありましたし、2走目前はアハルテケステークスでは早々に先頭に立ち楽勝。

フェブラリーステークスで負けているので1600mは長い印象がありますが、鞍上が柴田大知騎手でのもの。

ポツンの可能性もありますが、ここでも通用する可能性はあると思います。



△タイムフライヤー

東京1600m向きという馬ではないのですが、前走の暴走を考えれば一変があっても驚けない。

芝でも走れたスピードが生かせれば。



△ドリームキラリ

逃げてなんぼの馬なので、前走も果敢にハナへ行きましたがさすがにいじめられすぎました。

スムーズに運べればいつでも怖い馬なので、しっかり評価しておきたい。



△グルーヴィット

前走が競馬になっておらず、ダートで負けなし、スミヨン騎手ということで人気になっていますが、未知数な部分が多いですしワンペースで運びたい馬なので最内枠はマイナスでしょう。



△サンライズノヴァ

東京コースでしか結果を残せない馬でしたが、前走で交流GⅠを初制覇。

プロキオンステークスも差しの決まらないレースになったことで4着でしたが、しっかり脚は使えていました。

得意の東京コースに変わりますし、森騎手が道中しっかり脚を溜められれば。



△スウィングビート

前走のラジオ日本賞が行われた時の中山ダートは先行馬が有利な馬場状態でロングスパート勝負になってしまいました。

今回は得意の東京1600mに戻りますし、外からスムーズに競馬ができれば。



×アディラート

1600mはやや距離が長いですが、気難しい馬なので外枠は歓迎。

スムーズに運べたときはいいレースをする馬なので一応押さえます。

予想印



◎エアアルマス
○デュープロセス
▲マジカルスペル
☆ワンダーリーデル
△タイムフライヤー
△ドリームキラリ
△サンライズノヴァ
△スウィングビート
△グルーヴィット
×アディラート

買い方



3連複

◎-○▲☆-印 (強弱をつけて)

かなり難しいレースだと思うので、サラッと買って印上位決着か高め狙い。