【2019デイリー杯2歳ステークス 予想】

デイリー杯2歳ステークス 予想



2019年11月9日(土)に京都競馬場、芝1600mで行われるデイリー杯2歳ステークスの予想です!

今年のデイリー杯2歳ステークスの主な出走予定馬は、サクセッション、レッドベルジュール、ペールエール、トリプルエース、ライティア、ゼンノジャスタなど。



伝統的な2歳重賞であるデイリー杯2歳ステークスですが、2歳重賞が増えたこともあり今年も少頭数の競馬になりました。

この時期の2歳戦ということでスローの競馬になることが多く、基本的には先行馬が有利なレースなので、ある程度前に行ける馬を評価したい。



本命は◎ペールエールでいいでしょう。

中京の重馬場という若駒には辛い条件デビュー戦となりましたが、道中スムーズに追走11.6-11.4という加速ラップを差し切り勝ち。

新潟2歳ステークスはスローからの瞬発力勝負になり、ウーマンズハートに負けてしまいましたが、ウーマンズハートはGⅠでも好勝負できるような素質のありそうな馬ですし、この馬自身33.1の上がりも使えている。

今回は内枠を引いたことである程度ポジションを取って競馬ができるでしょうし、素直に一番強い競馬をしてきたこの馬を信頼したい。



対抗は〇コルテジア

初戦でペールエールに負けてしまい、前走でようやく未勝利を勝ちあがったこともあり人気にはなっていませんが、穴ならこの馬が面白そう。

前走の未勝利戦は逃げてかっただけの単調な競馬に見えましたが、馬場差を考えれば時計は優秀。

キレないので、前に行っての粘りこみが一番得意なパターンなのに、調教師が「逃げにはこだわっていない」というコメントを出している点が気にはなりますが、この枠の並びならおそらく逃げてくれるでしょう。



▲トリプルエース

1200mからの距離延長になりますが、1200mでは置かれていたので距離延長の方が追走は楽になりそう。

この時期に1200m→1600mの馬を買うのは多少抵抗がありますが人気にもならないでしょうし狙う価値はありそう。



☆ライティア

新馬戦ではスピードに乗るのに時間がかかり後方からになってしまいましたし、4コーナーから遊んで走る面もありましたが、それでもきっちり新馬勝ちを決めたのだから能力はあるでしょう。

先行馬が有利なレースではありますが、内枠よりは外枠の方がいいでしょうし前回使った上積みは大きそう。



△1 インザムード

新馬戦は先行してあっさり先頭に立ち後続を突き放す強い競馬を見せましたが、内枠で周りが遅かったのでポジションを取れたものの、スタートからなかなか進んでいかない感じでしたし、直線でもまっすぐ走らせるのに必死な印象を受けました。

成長力に疑問があり、強い馬相手だとさっぱりなことが多いノヴェリスト産駒であり、田中健騎手ということでこのくらいの評価。



△2 レッドベルジュール

POG指名馬なので頑張って欲しいのですが、新馬戦の内容とオッズを比較すると期待値が高いとは言えないでしょう。

藤原厩舎なので使われて良くなりそうですし、調教もみっちり積んでいるのでいきなりパフォーマンスを上げてくる可能性もありますが、喉なりという噂も…



消 サクセッション

※展望記事を書いているときはてっきりルメール騎手だと思って記事を書いていましたが、今回はマーフィー騎手です。すみません(>_<)

このレースははっきり言ってこの馬が飛ぶかどうかにかかっていると言っても過言ではない。

2連勝こそ決めていますが、新馬戦で倒した相手はそれほど強くありませんでしたし、アスター賞はルメール騎手が上手に乗って”勝たせた”というレースでした。

ペールエールとは戦ってきた相手が全く違いますし、馬券妙味的にも飛ぶ方に賭けてみたい。

予想印



◎ペールエール
○コルテジア
▲トリプルエース
☆ライティア
△1 インザムード
△2 レッドベルジュール

買い方



単勝 ◎ (4倍くらい欲しい)

馬連 ◎-○▲☆△

馬単 ◎-○▲☆△


手を広げて3連系を買っても馬券的な妙味は少なそうなので、こういう馬券を組みます。