【デイリー杯2歳ステークス レース展望】


デイリー杯2歳ステークス レース展望



2019年11月9日(土)に京都競馬場、芝1600mで行われるデイリー杯2歳ステークスのレース展望です!

今年のデイリー杯2歳ステークスの主な出走予定馬は、サクセッション、レッドベルジュール、ペールエール、トリプルエース、ライティア、ゼンノジャスタなど。

レース傾向

2歳重賞伝統の1戦という位置づけだったデイリー杯2歳ステークスですが、2歳重賞が増えたことで少し影が薄くなりつつある重賞。

この時期での競馬だとどうしても折り合いに専念する競馬を選ぶケースも多く、スローの競馬になることが多いので先行馬の成績の方がいい。

外枠の馬の好走も目立っておりますが、少頭数のことが多いのでそれほど気にしなくてもいいのではないでしょうか。

有力馬考察



サクセッション

新馬戦は重馬場での競馬になり時計面は評価できませんが、上がり最速を使い未勝利戦を勝ち上がったゴールデンホーン相手に0.2差をつけての完勝。

アスター賞は外枠からでスタートもそれほど早くなかったが、スローを見越して外からスッとハナを奪いそのまま逃げ切り。

今回のメンバーでは唯一2連勝をしていますし、C.ルメール騎手なので人気になりそうですが、相手がぐっと強くなるここで買いたい馬ではない。

ただ、スローになりやすいレースなので、C.ルメールがきっちりポジションを取って持ってきてしまうパターンも。



ペールエール

新馬戦は1400mで重馬場だったとはいえ、11.6-11.4という加速ラップを差し切り勝ち。

新潟2歳ステークスは負けてしまいましたが、相手は強いウーマンズハートが力を出しやすい条件でした。

それでも、この馬自身33.1の脚を使っていますし負けて強しでした。

スッとポジションさえ取れればあっさりまでありそう。



レッドベルジュール

新馬戦は、シルヴェリオ、リメンバーメモリーという期待の馬が揃った1戦でしたが、1000m通過が1.04.7という超スロー。

時計のかかる馬場だったので、33.8という上がりは評価したいところですが2着のメイショウボサツは未だに未勝利を勝ち上がれておらず、レースレベルは微妙。

スタートセンスはありますし、道中かかっていたので距離短縮はプラスになりそうですが、人気で買うのは躊躇するところ。



トリプルエース

スローで流れた新馬戦を他の馬より0.3早い上がりを使って差し切り勝ち。

ただでさえスピード競馬になりやすい小倉2歳ステークスは出遅れてしまい後方からの競馬になってしまいましたが、馬郡を中を突いて伸びてきての2着と見所がありました。

今の稍荒れた京都の馬場は合いそうですが、いきなりの1600mは少し不安。



ライティア

1戦1勝で評価が難しい1頭。

新馬戦は能力が発揮されやすい阪神1600m。

後方からの競馬になり、直線では内にもたれる面こそ見せましたが2着馬に0.2差をつける完勝。

血統的にも筋が通っている馬で、成長も期待できるので下手に嫌わない方がいいのではないでしょうか。

現時点で狙ってみたい馬!



ペールエール

ここは素直にこの馬を狙えばいいのではないでしょうか。

サクセッション飛んでとお願いするレースになりそうです。