【2019武蔵野ステークス レース展望】


こんばんは!

アーモンドアイの次走が香港カップと発表されましたね。

先週中に発表と言われながら、発表されなかったので香港カップだろうとは思って覚悟はしていましたが、これは本当に残念。

結局、今年は消化不良だった安田記念と天皇賞しか日本で見れないとは。

武蔵野ステークス レース展望



2019年11月9日(土)に東京競馬場、ダート1600mで行われるGⅢ武蔵野ステークスのレース展望です!

今年の武蔵野ステークスの主な出走予定馬は、エアアルマス、サンライズノヴァ、グルーヴィット、デュープロセス、カフジテイク、タイムフライヤーなど。

レース傾向




チャンピオンズカップの前哨戦である武蔵野ステークス。

ただ、このレースとチャンピオンズカップは問われる適性が全く異なる。

チャンピオンズカップは内枠有利になることもあり、立ち回り力が必要になることも多いのですが、このレースはコテコテのダート馬だとキレ負けしてしまうくらいスピードと瞬発力が求められる。

有力馬考察



エアアルマス

3走前からダートに路線変更すると、安芸ステークスは4コーナーを抜群の手ごたえで上がっていき、ほとんど追われることなく次走オープン特別を2着に好走したアメリカンファクト以下に0.7差をつけての完勝。

前々走のエニフステークスは、先行したラインシュナイダーが3着に残る展開になったのですが、出負け気味のスタートから道中後方2番手を追走し、大外をぶん回すロスの多い形になりながらきっちり差し切り勝ち。

太秦ステークスは400mの距離延長に加え、全面に水が浮くような不良馬場での競馬でしたが、距離が伸びたことで道中の追走が楽になり4番手からの早めの競馬であっさり押し切り。

スタートが課題の馬ですが、1400mよりは1600mの方がいいでしょうし芝でも好走していたような馬なので東京コースでも走れるはず。

外枠を引ければ、順当に好走してきそう。



サンライズノヴァ

東京競馬専門というイメージで昨年の武蔵野ステークスの勝ち馬。

根岸ステークス、フェブラリーステークスで結果が出せなかったので、やや衰えもあるのかと思っていましたが、ゴールドドリームも出走した南部杯はいつもより積極的にポジションを取りに行ったが最後までしっかり伸びてGⅠ初制覇。

東京コースに戻るのは基本的に歓迎でしょうが、59kgという斤量はマイナスでしょうし、この馬はいかに道中でしっかり脚を溜められるかにかかっているので森騎手への乗り替わりは良さそうですが、人気で買う馬ではないでしょう。

グルーヴィット

新馬戦、500万と連勝を決めて以来のダート戦。

ワンペースで運ぶのが得意な馬なので、最後に瞬発力が求められるダート1600mはそれほど向いている条件だとは思えませんが、スミヨン騎手とは手が合っていそうです。



デュープロセス

新馬戦こそ3着馬に大差をつけるようなハイレベルなレースでケイアイターコイズに負けてしまいましたが、その後は展開に助けられることもありましたが、4連勝を決めて世代最強ダート馬決定戦であるユニコーンステークスへ。

そのユニコーンステークスでは、水分を含んだ高速ダートでの競馬になりワイドファラオに逃げ切りを許してしまいましたが、そのワイドファラオはみやこステークスで先行しながら古馬相手に強い競馬を見せていました。

前走のグリーンチャンネルカップはレベルの高いメンバーが揃いましたし、休み明けでこの馬自身+16kgでした。

ベストは1400mのだと思いますが、叩き2走目で上積みも期待できそう。

C.ルメールに乗り替わりなので、2番人気になってしまうと思いますが…



カフジテイク

ここ2戦は1200m戦を使われていますが、明らかに距離が短かく追走に苦労しましたが末脚はしっかり使えていました。

この馬もベストは1400mですが、展開次第では。

現時点で狙ってみたい馬!



ワンダーリーデル

前走は後方外から最後までしっかり伸びてきての3着と内容はありましたし、アハルテケステークスでは早々に先頭に立ち楽勝。

叩いた方が良くなるタイプですし、横山騎手ならこの馬の良さを引き出してくれそう。