レース回顧 2019/6/2 阪神5R タイセイビジョン

6月2日(日) 阪神5R 1400m(内) 良

 

新馬戦 (勝ち馬 タイセイビジョン)

 

当日の馬場状態

 

9Rから雨が降ってきたがこのレースが行われたときはまだ雨が降っていなかったが、前日同様開幕週にしては時計のかかる馬場状態。

 

パドック気配

 

タイセイビジョン

線が細くそれほどいい馬には映らなかったのだが、調教で動けていただけにこれで仕上がっていたのだろう。

 

レッドブロンクス

勝ち馬よりもこちらの方がよく見えた。

 

ノーブルライガー

腹周りは稍太く映ったが、馬体重よりも大きく見えて前進気勢があった。

 

タイムランク C
メンバーランク C

全体時計 1.23.0

ラップ 12.4-10.7-11.7-11.8-12.0-11.9-12.5

 

予想とレース回顧

 

新馬戦のため予想はなし。

サイクロトンが好スタートを切りハナを奪うかと思ったが、内からペプチドサクラ、外からテレーザに競りかけられて、新馬戦にしてはハイペースの展開に。

4コーナーから早めに仕掛けたタイセイビジョンが直線入り口ではすでに先頭。

2.3着には内で脚を溜めていた2頭が食い込んだ。

 

1着 タイセイビジョン

スタートはそこまで早くなかったが、少し促すとしっかり流れに乗れた。

4コーナーでは大外を回しながらでも、スッと先団に取り付いて直線ではノーステッキで後続を突き放す一方。

タイムも馬場を考えれば悪くないものだった。

 

 

2着 レッドブロンクス

3番枠からのスタートでロスなく運ぶことができたが、4コーナーで早々にタイセイビジョンに抜け出されてしまったことで、直線では追いかける形になってしまった。

とは言え、最後はタイセイビジョンと比較すると止まってしまっているので距離は短いほうがいいかもしれない。

 

3着 ノーブルライガー

この馬もロスのない競馬ができたが、決め手の差が出て3着。

レースセンスはありそうなので、内枠や立ち回り競馬に強いタイプだろう。

 

4着 メイショウマサヒメ 次走注目(ダート替わり)

後方からの競馬になったが、4コーナーでは外を回りながらタイセイビジョンと一緒に上がってきており見所は作った。

パイロ産駒なので当然ダート替わりはプラスになりそう。

 

5着 サイクロトロン 次走注目(距離短縮〇)

好スタートを切ったが競りかけられて厳しい展開になってしまった。

最後は一度交わしたメイショウマサヒメに交わされてしまったが、それでも直線の入り口では伸びてきていた。

距離短縮でもう少し展開に恵まれればあっさりまでありそう。

 

総括

 

時計のかかる馬場でハイペースになったことで、能力の差が出たレースだった。

1400m適性やコースロスの大きかった馬は次走以降狙う価値があるレースだろう。