【NHKマイルカップ2019 展望】

スポンサーリンク

NHKマイルカップ 展望

 

2019年5月5日に東京競馬場、芝1600mで行われる(GⅠ)NHKマイルカップの展望です!

今年のNHKマイルカップの出走予定馬は、グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ダノンチェイサー、ファンタジスト、ヴィッテルスバッハ、グルーヴィットなど。

 

過去5年のデータ

 

この時期に東京競馬場で行われるNHKマイルカップ。

枠順も脚質も満遍なく好走してくるレースで特徴が捉えにくいが、このレースはとにかく時計勝負なりやすい。

今年の東京競馬は時計がかなり出ているし、良馬場ならかなりの時計が求められるだろう。

時計だけで考えると、グランアレグリアになってしまうのだが…

 

出走馬一言考察

 

グランアレグリア

桜花賞では4コーナーで早めに外から上がっていき直線ではすでに先頭。

そこから脚を鈍らせることなく、阪神外回りの直線を走り抜き1.32.7というレコードで圧巻の勝利。

スピードがありすぎるので、オークスではなくこちらを選んだようだがここまでの戦績を見る限り、東京マイルの時計勝負では負ける気がしない。

気性難ということと、在厩調整というのは気になるが重馬場にでもならない限り、無難に好走してくるだろう。

 

アドマイヤマーズ

距離が長いと思っていた皐月賞では想定以上のハイレベルレースで4着。

得意な1600mに戻るというのは歓迎だが、時計勝負にどこまで対応できるかは疑問。

内枠でレースセンスの良さが行かせればなお良しだが、デムーロ騎手は最近全く乗れていないのでちょっと買いにくい。

 

ダノンチェイサー

きさらぎ賞は雨で馬場が悪化しており、レースレベル自体が怪しいがタガノディアマンテとこの馬に関してはある程度評価して良さそう。

川田騎手が乗ってくれるのは、大きくプラスだが時計勝負は全く経験がない。

この馬も内枠が欲しい。

 

ファンタジスト

前走の皐月賞は2000m相当高いパフォーマンスを発揮することを求められたレースで、この馬にとっては距離が長かった。

距離短縮はいいほうに働くはずだし、短距離でも走れるスピードが要求されるレースなので短距離で実績があるのは評価して良さそう。

 

ヴィッテルスバッハ

前走のNZTは前残りのレースで出遅れて後方からの競馬。

一頭だけ違う脚で伸びてきたので、能力はありそうだが展開が嵌まらないと厳しそう。

派手なレースをした分だけ人気を被ってしまいそうだし、戸崎騎手がやらかすイメージが強い。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走のレースぶりを見る限りベストは1400mのような気がするが、時計のでる東京のマイル戦なら最後までしっかり走り切れそう。

 

スポンサーリンク