【2018関屋記念 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

 

2018年8月11日に新潟競馬場、芝1600mで行われる関屋記念のレース傾向と有力馬考察です!

関屋記念の主な出走予定馬は、リライアブルエース、プリモシーン、フロンティア、ウインガニオン、ワントゥワン、エイシンティンクルなど。

 

先週は、土曜日の札幌日経オープンで◎カラビナから本線的中しました!

 

 

直前に急いで買ったので、馬単10→3を買い忘れるというミスをしましたが….(^^;

日曜日の重賞はどちらもゴールまでレースを楽しむことすらできない惨敗だったのですが、一番の悶絶はUHB賞。

予想をアップこそしなかったのですが、◎アルマエルナト 〇デアレガーロ ▲クリーンファンキーで的中がワイドのみ…

これはかなりもったいなかった(>_<)

 

来週はお盆休みで土曜日からがっつり競馬ができるので、しっかり準備して臨みたいと思います(^^)/

 

関屋記念

 

サマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念!

 

 

サマーマイルシリーズが始まった2012年以降、中京記念が王道のステップレースになっている関屋記念。

中京記念はタフなコースで1600mをきっちり走るスタミナが要求されるのに対し、関屋記念は平坦のラストの600mをいかに早く走れるかが重要になるレースで、全体時計も中京記念より1秒くらい早い決着に。

中京記念で好走した馬が関屋記念で好走したのは昨年のウインガニオンだけで、中京記念を好走した馬よりも人気で飛んだ馬のほうが馬券になっているところを見る限り、異なる適性が問われるのだろう。

ただ、今年は中京記念が1.32.3というレコード決着だったので、傾向が変わってくるかも。

 

このレースは斤量が軽い馬が走らないのに、斤量増の馬も全く走らないレース。

前走55.5kg以上を背負っていて、今回減ってきた馬を狙うというのが一番の好走パターン。

休み明けもかなり成績が悪いので、6月以降競馬を使っていない馬は軽視でもいいか。

 

有力馬考察

 

ワントゥワン

netkeibaさんの予想では6番人気になっていますが、前走の中京記念では、わかりやすく不利を受けていますし、デムーロ騎手が乗るとなればこの馬が1番人気になってもおかしくなさそう。

デビューからここまでかなり安定した末脚を毎回使えており、中京よりも新潟の方が向いていそうなので、前走よりも好走してきそう。

データ的には斤量増というのはマイナス要素なんですが、デムーロ騎手で過剰人気でも抑えておいたほうがいいだろう。

 

リライアブルエース

前走の中京記念は後方から外に持ち出して伸びてきて3着だったが、レース展開にめめぐまれた感じを強く受けるレース内容だった。

ここまでの戦績を見てみても、飛びぬけた末脚をもっているとは思えないので、危険な人気馬になるのでは?

 

フロンティア

前走は中京が得意な福永騎手がうまく力を引き出し、なだれ込む形で4着。

スパッと切れないがじりじりと最後まで脚を使えるタイプなので、新潟の外回り競馬は向いていそう。

 

プリモシーン

東京1600mの未勝利戦で後にクイーンカップを勝つテトラドラクマを相手にタイムランクAの好時計で快勝。

桜花賞とNHKマイルカップは前が壁になり実力を発揮することができなかった。

持っているポテンシャルは高いと思うのだが、フェアリーステークス勝利はあまり評価できるものではなく不利を受けやすいタイプ。

 

ウインガニオン

前走はハイペースすぎたので大敗も仕方なしだが、スタートの行き脚が悪かったのは気になるところ。

人気で買う馬ではない気がするので、評価も人気次第か。

 

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

スパッとはキレないがじりじりと長くいい脚を使えるタイプ。

今回のメンバーならある程度ポジションを取って競馬ができそうだし、血統的にも、データ的にもねらい目!

 

スポンサーリンク